NEW

ファミマ「お母さん食堂」で糖質制限可能な組み合わせ!チューハイ+5品でも血糖値上がらず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「お母さん食堂」の惣菜

 元SMAPの香取慎吾がファミリーマートの「お母さん食堂」のイメージキャラクターに起用され、その秀逸なビジュアルが人気を呼んでいる。

 お惣菜シリーズ「お母さん食堂」は、「毎日の生活に懐かしくあったかい、美味しくて便利な商品を」とのコンセプトを掲げ、地域限定を含む100品目以上の商品を展開している。

 美味しくて便利な商品だが、はたして健康面ではどうか――。そんな視点で、この人気シリーズに注目したのは、「なごみクリニック」(熊本市)で院長を務める亀川寛大医師だ。

 亀川医師は「亀ドク」の愛称で、コンビニ、牛丼屋、回転ずし、ハンバーガーショップなどで食事をしては、血糖値を測定。自身のカラダを実験台に、「糖質制限中でも外食できる」ことを確認している。

 今年8月には、その調査結果をまとめた『ラーメン好きの医者が教える糖質制限の外食ガイド』(マキノ出版)が上梓され、好評を得ている。

 よく知られているように、糖質を摂ると血糖値は上昇する。また、血糖値の急な上昇は肥満・糖尿病の原因となる。加えて、糖質を制限すると、美肌や血管の老化防止、メンタル面での安定などの幅広い効果があることは、一般的に認知されてきた。

 ここで大事な点は、糖質を減らしたら、その分、タンパク質や脂質をたくさん摂るということだ。タンパク質や脂質は血糖値を上げず、身体の修復や大切なホルモンの材料となるからだ。

 ところが、忙しいビジネスパーソンや一人暮らしの高齢者などは自炊が難しく、「糖質制限を取り入れにくい」という声もある。

 そこで、コンビニ食や外食が続くなかでも糖質制限ができないか、亀ドクは自らのカラダを使って確認し始めたのだ。

 今回は「お母さん食堂」で糖質オフが可能なのか、亀ドクの検証結果を紹介しよう。

1食糖質20g以下の「ガチ糖質制限」も可能

「お母さん食堂」のパッケージの栄養成分表には、糖質量ではなく炭水化物量が掲載されているものが多い。「今回は炭水化物量を目安に、1食20g以下を考慮して次の5品を選びました」と亀ドクは言う。

・商品ごとの炭水化物量

「国産豚の豚もつ煮込み」…8.8g
「チキン入りトムヤムスープ」…7.7g
「さばの塩焼き」…0.5g
「やげん軟骨焼き」…0.5g
「砂肝焼き」…0.3g

以上の炭水化物量の合計は17.8gだ。

ファミマ「お母さん食堂」で糖質制限可能な組み合わせ!チューハイ+5品でも血糖値上がらずのページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、お母さん食堂ファミリーマート亀川寛大医師香取慎吾の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事