NEW

菊花賞は大荒れか…「爆弾情報」を入手!競馬界の超大物が絶対の自信で明かす極秘穴馬

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
菊花賞に出走する「爆弾情報馬」とは?

 10月14日に行われた第23回秋華賞は、クリストフ・ルメール騎乗のアーモンドアイが異次元の末脚を見せつけて圧勝し、見事に牝馬三冠馬となった。

 それは見るものすべてを驚かせる劇的な勝利だった。第4コーナーの時点では逃げるミッキーチャームとの差はかなり開いており、多くのファンが「届くのか?」と不安に思ったはず。しかし、そんな懸念を吹き飛ばす豪脚は、2005年の第66回菊花賞のディープインパクトを彷彿させるほど。もし武豊が鞍上だったならば、アーモンドアイとディープインパクトとの比較が聞けたはずで、それだけが残念だ。

 過去にさまざまな名馬に騎乗してきたルメールが、「競走馬に必要なものをすべて備えている」と絶賛するアーモンドアイは、果たしてどこまで強くなるのだろうか。今後も目が離せない一頭だ。

 アーモンドアイの強さばかりが目立った秋華賞だったが、競馬ファンのなかには低配当の決着にガッカリした人も少なくないだろう。高い人気を集めていただけに、仮にアーモンドアイが敗退していれば、高額馬券が飛び出していたはずだ。しかし、実際の配当は三連単も万馬券に届かず、堅い決着となった。本命党には“おいしい”馬券であったかもしれないが、高配当を期待したファンからすれば残念な結果となったのは言うまでもない。

 今週末に行われる第79回菊花賞は、そんな穴党馬券ファンにとって朗報といえるレースかもしれない。なにせ東京優駿(日本ダービー)を勝ち、トライアルレースの神戸新聞杯も圧勝したワグネリアンが出走を回避し、来週末の天皇賞(秋)に目標を変更したからだ(その後、体調不良で出走回避が決定)。

 昨年の菊花賞もダービー馬不在だったが、三連単は55万馬券が飛び出す大波乱となった。今年も波乱となる可能性は高いようだ。すでに東西のトレセンではさまざまな情報が飛び交っており、マスコミも連日のように菊花賞に関する情報を発信しているが、競馬ファンは何を参考にしたらいいのかわからないのが現実だ。

 そんななか、菊花賞出走馬の「マル秘爆弾情報」を独占入手した競馬関係者がいるという。その競馬関係者は、かつてはトレーニングセンターで活動し、今はある会社に在籍し競馬ファンのために情報配信の活動を続けている。

 同社には競馬関係者が多く在籍しており、その経歴は日本中央競馬会(JRA)の元調教師、元騎手、元厩務員、さらに生産者や現役の競馬記者も在籍しているという、錚々たる顔ぶれだ。設立から21年の歴史があり、まさに現代競馬の裏も表も知り尽くす存在だ。特にトップに君臨する7人は、「競馬サークル」において超大物といえる人物。この7人はもちろん、末端まで含めると総勢数百人規模の情報網がもたらす本物の関係者情報は圧巻。しかも今年は、さらに数名の大物関係者が加わったというから、鬼に金棒だ。

 彼らは、現在活動している調教師、騎手、厩務員たちの先輩にあたり、プライベートでも非常に親密な関係にある。そこで相談を受けることもあれば、どうやったら勝てるのか、どうやれば勝てる仕上がりになるのかといったことをアドバイスすることもある。そういった仲間のような関係から、関係者の「本音」を聞き出すのは容易だという。

「僕らとトレセンの競馬関係者は他人じゃないですからね。どちらかというとマスコミは競馬関係者より立場が弱いですが、僕らは対等か上にありますから、どんなに聞きにくい質問も遠慮なくできるし、関係者が話したがらないことも、しっかり引き出すことができます。その辺は、赤の他人であるマスコミとは大違いですよ。テレビのインタビューとかを見ていても、『全然違うことを言っているなぁ』と感じます。

 そういった経緯から、今週末の菊花賞は荒れると判断できます。中心となるのは、マスコミが本命視する皐月賞馬・エポカドーロでも、夏の上がり馬・ブラストワンピースでもありません。今回私たちは、誰もがアっと驚く“極秘穴馬”を独占入手しています。現時点でマスコミは、この馬をほぼノーマークです。そのため配当妙味も高く、しかも馬券は厳選して馬連3点で勝負できます」(前出・競馬関係者)

 自信をもってこう語るあたり、相当な手応えを感じているのだろう。これは絶対に目が離せない。

「今回の菊花賞は、全国の競馬ファンに本物の情報を知ってもらうため、関係者から許可を得て、無料で提供させていただくことにしました。加えて、もしこの菊花賞を馬連3点で的中できなければ、年末の有馬記念まで無料で情報を提供しますよ。それほど自信があると思ってください」(同)

 以上のように、彼らは自らが集め、わずか馬連3点で的中が見込める独占スクープ情報を、無料で競馬ファンに公開するというのだ。これは本物の競馬関係者情報を無料で手にする絶好のチャンス。しかも高配当が期待できる菊花賞が対象レースなのだから、これを見逃す手はない。

 しかも、彼らの馬券実績も極めて優秀なのだ。先週末の競馬でも、14日に新潟メインレースで万馬券を的中させている。このレースでは8番人気から2着に入ったアイラインを穴馬に指定し、ズバリ高配当を仕留めている。また先々週では11番人気で勝利したサンマルペンダントを本命に指定し、3連単は10万5080円の高配当を的中。この情報を利用した多くの競馬ファンが10万円を超える払い戻しを獲得している。買い方次第では100万円の払い戻しも見込めるような、まさに“究極の穴馬情報”だった。

安田記念と皐月賞だけで200万円近い払い戻しを獲得!

 もちろん、G1レースの実績も申し分ない。2017年の安田記念では馬連1万480円を的中させて104万8000円の払い戻し、皐月賞では馬連8710円を的中させて87万1000円の払い戻しも手にしている。これらも「独占スクープによる穴馬情報」で成し遂げたものだ。

 そして今週末の菊花賞についても、それらの穴馬情報に勝るとも劣らない「マル秘爆弾情報」を独占入手しており、その情報を無料で公開するという。それはコチラで公開するので、今すぐチェックしていただきたい。
(文=編集部)

CLICK → 特別無料公開!「菊花賞 馬連3点 マル秘爆弾情報!」競馬セブン

※本稿はPR記事です。

菊花賞は大荒れか…「爆弾情報」を入手!競馬界の超大物が絶対の自信で明かす極秘穴馬のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、エポカドーロブラストワンピース武豊菊花賞の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事