NEW

『相棒』に成宮寛貴が出演でネット歓喜…復帰待望論が加熱

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
成宮寛貴

 10月17日に放送された連続テレビドラマ『相棒 season17』(テレビ朝日系)第1話の回想シーンに、元俳優・成宮寛貴が登場。スキャンダル報道で芸能界を去った成宮の思わぬ“再登場”に、ファンからは歓喜の声が巻き起こっている。

 かつてシーズン11~13にわたって成宮が演じていたのは、主人公・杉下右京(水谷豊)の3代目相棒・甲斐享。「カイト」の相性で親しまれていたが、シーズン13の最終話で、まさかの行動が発覚し、享のフェードアウトとともに成宮はドラマを卒業していた。

 今回、享が登場したのは、享の父親・甲斐峯秋(石坂浩二)と警視庁副総監・衣笠藤治(杉本哲太)の会話内でのこと。峯秋が「出来の悪い子ほど、かわいい」とつぶやいて沈黙が訪れると、フラッシュバックするかたちで享の横顔が浮かび上がった。セリフはなく、わずかな時間ではあったものの、振り向きざまに悲しげな表情を浮かべた場面が切り取られている。

 ドラマ卒業直後から享の再登場を願うファンの声は多かったが、2016年に写真週刊誌「FRIDAY」(講談社)が成宮の違法薬物使用疑惑を報じたところ、成宮は直筆で「信頼していた友人に裏切られ複数人に罠を仕掛けられた」と明かし、プライバシーを晒され続けることに耐えきれず「少しでも早く芸能界を去るしか方法はありません」と綴っていた。

 ドラマ内に突然、成宮の姿が映し出されたことで、視聴者は大興奮。スタッフロールにも「甲斐享(回想)成宮寛貴」と表示されており、ネット上には「『相棒』の世界には、まだちゃんとカイトが存在してるっていうのが泣けてくる」「スキャンダラスな俳優って、作品内で“いなかった”ことにされることが多いから、成宮くんの登場は嬉しすぎる」「『相棒』はキャラクターもファンも裏切らない。本当にありがとう!」などと感激の声が溢れ返っている。

 現在、成宮は活動拠点を海外に移しており、その様子を2017年夏ごろから「hiroshige_narimiya」名義でインスタグラムに投稿。トレーニングジムに通い筋肉質になった体を披露しているほか、最近ではアイスを食べながらひょっこり登場するお茶目な動画投稿もある。ファンからは「帰ってきてほしいです」「また俳優の成宮寛貴が見たい!」といった声が多く寄せられており、今回の『相棒』への再登場で、復帰待望論がますます加熱しそうだ。
(文=編集部)

『相棒』に成宮寛貴が出演でネット歓喜…復帰待望論が加熱のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、成宮寛貴水谷豊相棒石坂浩二の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事