NEW

新ドラマ『大恋愛』を現役女医が絶賛する理由…若年性認知症の兆候と患者の現実

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『大恋愛~僕を忘れる君と』公式サイトより

 この秋は、思わず見てしまいたくなる連続テレビドラマが目白押しですね。やはり恋愛ものが多いようですが、一筋縄ではいかない系の恋愛ドラマが多い印象です。

 そんななか、『大恋愛~僕を忘れる君と』(TBS系)は、「女医が若年性アルツハイマー型認知症を発症する恋愛ドラマ」と聞き、私としては見なければならない気分になってしまいました。

 しかも、ムロツヨシとサンドウィッチマンの富澤たけしが出てくるなんて、私にはツボ。しかも主題歌を歌うのはback number! 主演の戸田恵梨香は、実はあまり見たことのない女優さんなのですが、12日に放送された第1話を見たところ、ムロツヨシとの空気感も良いし、見かけに頼らない自然な演技が目を引きました。良い良い!

 私が「若年性アルツハイマー」と聞いてすぐ思い出すのは、映画『アリスのままで』(キノフィルムズ)。現在公開中の映画『コーヒーが冷めないうちに』(東宝)で、薬師丸ひろ子も若年性アルツハイマーに侵された女性を演じています。

 今回の『大恋愛』もそうですが、どの作品も共通して、将来自分が認知症を発症し、人格がなくなってしまう恐怖、そして実際に発症し、思い悩んだ自分すら思い出せない本人と、過去の記憶を頼りに今を乗り越えていく家族のかたちが描かれています。このドラマは、主人公・尚の葛藤が恋愛とリンクして描かれていくのでしょう。

現実の若年性認知症患者で、もっとも多いのは50~60代

 若年性認知症は認知機能障害の進行が、老年期発症のものより早いといわれています。「若年」とは、65歳以前の発症を指しています。私の尊敬する認知症専門の先生は、「やはり50代から60代前半の発症が多いかな」と語られていました。その先生が診たなかでもっとも若い若年性認知症患者は37歳くらいだそうですので、ドラマの設定はかなり早い発症ということになります。

 若くして発症した方のなかには、診断されると「腑に落ちた」とおっしゃることもあるそうで、この言葉に、そこまでの苦しみが見えてきます。

 若年性認知症の問題は多数あります。ご本人の問題はもちろんですが、ご本人が社会活動を継続するうえではご家族のサポートが必須になります。高齢の親が介護にあたるケースももちろんあり、社会が多方面からヘルプをしていかないといけません。そしてやはり、肉体は健康でも早期から認知機能に障害が生じれば、長寿は難しくなっていくのです。

 女医友達のひとりが、親が早い段階でアルツハイマー型認知症を発症し、自分も積極的に頭部MRI検査を受けていたと聞いたことがあります。職業柄、知識があるゆえの先読みも不安もあるわけで、自分の頭部MRI画像を見るときの気持ちは想像もできません。尚も自分が若年性アルツハイマー型認知症と診断されれば、容易にその先の自分の10年、20年は想像ができるはずですから、そのあたりが劇中でどのように描かれるのか、気になります。

新ドラマ『大恋愛』を現役女医が絶賛する理由…若年性認知症の兆候と患者の現実のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、TBSムロツヨシ大恋愛戸田恵梨香若年性アルツハイマー型認知症の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事