また、『ドロ刑』は物語の設定こそ異色ではあるが、「刑事と泥棒がタッグを組んで事件解決に挑む」という説明だけでなんとなく流れがわかるような、“難しくない内容”なのが良い。中島の演技は決してうまいとはいえないが、普段からキザなセリフを口にしてチャラチャラしたイメージがあるため、“イマドキの男の子”な斑目のキャラクターと合っている。あとは、なんといってもそのルックスの良さで画面映えするので、意外と主役向きなのだと思われる。今後も経験を重ねていけば、嵐でいうところの松本潤のような立ち位置をゲットできるのではないか。

 中島ばかりほめてしまったが、同ドラマが良い感じなのは、共演者に恵まれていることも大きいだろう。特に、遠藤の安定感が中島の実力不足の部分をカバーしている。視聴前は「遠藤が主役になってしまうのではないか」と心配していたが、しっかりバイプレイヤーに徹しているから遠藤はすごい。中島と遠藤のコンビはネット上でも評判で、「次回も見よう!」と盛り上がっている。これは視聴率の伸びに期待できそうだ。
(文=美神サチコ/コラムニスト)

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ