NEW

中田敦彦「夫婦でカウンセリング」告白…ネット上で妻と称賛&謝罪し合いにネット辟易

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中田敦彦

“おしどり夫婦”に一体、何が起きたのか――。お笑いコンビ・オリエンタルラジオの中田敦彦が、「『良い夫』であることをやめます」と宣言。妻の福田萌も中田の発言に反応するかたちでブログを更新して、話題を呼んでいる。

 中田・福田夫婦といえば、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)などを通して、たびたび仲良しぶりをアピール。中田に至っては、インスタグラムに福田の写真を投稿する際、「#今日の妻も可愛い」とタグづけして世間の耳目を引いている。一方、夫婦揃って“炎上体質”という共通点もあり、ネガティブなイメージも持たれがちだ。

 中田はコメンテーターとして歯に衣着せぬ発言を連発し、先輩と衝突したこともある。例えば、タレントのベッキーが“ゲス不倫”で話題になった際、「あざとく感じる」とバッサリ切り捨てた。これに対し、雨上がり決死隊の宮迫博之が「憶測で、そんなひどいことをよく言うなぁ」などと中田を批判して険悪なムードが漂った。2人の仲違いに、ダウンタウンの松本人志が「仲良くやれや」と苦言を呈していた。

 だが、中田は大先輩・松本にも噛みついた。脳科学者・茂木健一郎氏が現在のお笑い芸人の芸風を批判した際、松本が強く反論し、茂木氏は謝罪することになった。このとき、茂木の見解を支持していた中田は、松本の名前こそ出さなかったが、誰もがわかるようなかたちで批判。その後、中田は、事務所に謝罪するよう求められたが拒否したとラジオ番組で明かした。

 そんな中田は、レギュラー番組からの“卒業”が相次ぎ、「干されたのではないか?」と報じられた。この報道に対し福田はツイッターで、「仮に彼を干した人物がいるのなら、それは紛れもなく“私”です」とフォロー。「『ワークライフバランスは!?』『子育て手伝え!!』と言い続けた結果」と説明したが、インターネット上では「芸能界に必要とされていないだけ」「妻にフォローされて情けない」などと、かえって非難の声が上がり、結果的に逆効果になっていた。

 ところが福田の発言を追うように、中田はネットメディア「日経DUAL」のなかで「良い夫であることも、良い夫であろうとすることも、やめました」と発言。中田によると、福田からの要求に答え続けた結果、できていないことを激しく非難されるようになったという。夫婦でカウンセリングも受けていたといい、中田の赤裸々な告白は大きな注目を浴びた。

 大きな反響に驚いたのか、福田は「夫への感謝、賞賛はなおざりにしてました。私が完全に夫に甘えてました」とツイートした。

 一連の中田夫婦の騒動に、ネット上の反応は「夫婦喧嘩を世界に発信してどうする」「話題づくり、大変ですね」「こちらとしては全然興味ないです」「家の中でやってくれよ」とあきれ気味。

 中田の仕事が整理されたのを機に、夫婦のあり方を見直したほうがいいのかもしれない。
(文=編集部)

中田敦彦「夫婦でカウンセリング」告白…ネット上で妻と称賛&謝罪し合いにネット辟易のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、オリエンタルラジオ中田敦彦松本人志福田萌の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事