NEW

パワハラ訴訟の「ビ・ハイア」 原告と被告のあまりに食い違う主張 客観的視点で見て業務は正常だったか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

ビ・ハイア株式会社公式ホームページより

 今年2月、ゲーム業界の求人広告会社「ビ・ハイア」(東京)から業務委託を受けていた大山莉加さん(当時30歳)が自殺した。10月17日、大山さんの遺族と元同僚の男性2人が、計8800万円の損害賠償と賃金未払いの支払いを求めて、同社と代表取締役社長・清水有高氏に対して訴訟を起こしている。

 同17日には、厚労省の記者クラブにて元同僚の男性2人と弁護士らが会見を開き、同社のパワハラを告発している。これについては朝日新聞のほか、10月23日放送の『ビビット』(TBS系)が、詳しく報じた。

パワハラ訴訟の「ビ・ハイア」 原告と被告のあまりに食い違う主張 客観的視点で見て業務は正常だったかのページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事