NEW

片山さつき大臣口利き疑惑で話題の「青色申告」、取り消されるとトンデモナイことに!

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
片山さつき内閣府特命担当大臣(写真:ロイター/アフロ)

 元国税局職員、さんきゅう倉田です。好きな政党は「ラ党」です。

 片山さつき内閣府特命担当大臣が、国税庁口利きをしたと週刊誌が報じています。「週刊文春」(文藝春秋)は、片山氏の秘書を務める南村博二税理士が社長から100万円を受け取り、当該法人の青色申告の承認取消しをやめるように、国税庁に電話をしたとされています。いわゆる、「口利き」です。

 100万円は秘書の南村税理士が受け取り、その後どうなったかは、現段階では不明です。テレビの取材に対して南村税理士は「これから通帳を確認します」といった趣旨の発言をされていました。片山氏へ日常的に送金していない限り、100万円の流れは簡単にわかり、さらなる追及は免れません。一体どうなるのでしょうか。

 日本経済新聞の記事によると、片山氏は出版社に対し損害賠償を求める訴えを起こしましたが、訴状では「(南村税理士が片山氏の)秘書であったことはなく、指揮・命令する立場にない」と主張し、口利き行為なども否定しているそうです。朝日新聞も同様の報道をしていることを確認済みです。訴えを起こしたことで、新聞でも報道されることとなりました。

「週刊文春」内の社長のコメントをまとめると、以下のようになります。

・自分の会社に税務調査が入った。
・青色申告の承認が取り消されそうになっていた。
・なんとかならないかと、片山大臣に相談した。
・片山事務所の秘書を通じ、私設秘書だった南村税理士を紹介された。

 これに対し片山事務所は、社長から連絡があったこと、南村税理士を紹介したことは認めました。しかし、お金は受け取っていないし、口利きをしていない、という主張です。「青色申告の承認が取り消されそうだから助けて」と言われて、税理士を紹介するというのは解せません。

 正規の方法では助けることはできないので、自分がお金を受けとっていなくとも、正規の手続きを踏まない“いかがわしい方法”で処理することを予知して、南村税理士を紹介した可能性はあります。

 取材に対し社長は、「私は税理士の南村氏に仕事を依頼したのではなく、片山事務所から彼を紹介されただけで、片山先生にお願いしたと認識しております。わざわざ100万円を払って南村氏に頼む理由がありません」と言ったそうです。

 この社長の発言は、社長がそう思っているだけで、青色申告の承認の取消しがどうにかなるのなら、南村税理士に100万円払う人もいると思います。ただ、元地方の国税局局長のような重要なポジションでもない一介の税理士が、がんばってどうにかできる問題ではありません。しかし、「がんばってみます」などと言って、内部事情に明るくない社長をそそのかす可能性は否定できません。

片山さつき大臣口利き疑惑で話題の「青色申告」、取り消されるとトンデモナイことに!のページです。ビジネスジャーナルは、連載、片山さつき税務調査週刊文春青色申告の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事