NEW

有働アナ『zero』視聴率惨敗、局内で打ち切りも取り沙汰…落合陽一氏にクレーム多数

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Gettyimages」より

 10月1日より、3月にNHKを退職しフリーアナウンサーとなった有働由美子をメインキャスターに据え、リニューアルした『news zero』(日本テレビ系)。放送初日こそ平均視聴率10.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と2桁だったものの、同12日には平均視聴率4.6%(同)を記録するなど、視聴率低迷にあえいでいる。

「すでに報じられている通り、奇をてらったゲスト陣への批判は大きかったようです。あの面子では、完全に“夜のワイドショー”になっちゃってますからね。特に、落合陽一氏が出演したあとは、テレビ局にクレームの電話がかなりあるようです」(テレビ局関係者)

 NHK退職後はバラエティ番組にも多数出演していたため、メインキャスターである有働に“真面目な報道キャスター”というイメージがなかったことも“敗因”だろう、と日テレ関係者が続ける。

「ゲストの皆さんが悪いという前に、有働さんのインタビューコーナーが非常に不評なんですよ。有働さん自身の思いが先走っていて、報道番組というより“有働ショー”になってしまっている。この時間の視聴者というのは、NHKのニュース番組ほど硬くはないけど、きちんと世の中の情報を知りたいという骨太の人が多いんです。ニュースに接したいのに有働のトーク番組になっていると、不満の声が聞こえてきます」

 そうした視聴者の声は、日テレ局内でも重く受け止められていると、同関係者はいう。

「いくら有働さんが記者会見で『視聴率が悪ければ切ってくれていい』と言っていたとはいえ、さすがに就任1カ月でメインキャスターを代えるわけにはいきません。とはいえ、局内では『もっと早く結果が出るだろうと思っていたけど期待外れ』という声が日に日に大きくなってきている。早々にテコ入れをはかり、それでもダメなら番組終了となる可能性もゼロではありません」

 ここから巻き返しなるのか――。その手腕を早く発揮してくれることに期待したい。
(文=編集部)

有働アナ『zero』視聴率惨敗、局内で打ち切りも取り沙汰…落合陽一氏にクレーム多数のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、news zero日本テレビ有働由美子の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事