NEW

「1時間あたり100万円の“移送サービス”も」統合失調症患者の巨大な家族負担をどう考えるか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

Thinkstock/Photo by Shidlovski

 この9月、ある“犯罪者”に対して不起訴の処分がくだった。2018年5月、千葉県千葉市の居酒屋で家族4人が切りつけられるという事件が起こる。当時6歳の女児が死亡、その父親らが重軽傷を負ったこの事件で、殺人などの容疑で逮捕された元千葉市議の男性に対しての処分である。

 千葉地検は逮捕後に鑑定留置などを行い、「事件当時は心神喪失状態で、刑事責任能力を問えないと判断した」という。この元千葉市議の男性は、犯行当時、突然怒り出して被害者家族に対して切りつけ始めたといい、逮捕後にも意味不明な言動を繰り返していたとされ、「精神疾患があるのでは」との声が上がっていた。

 このケースは不起訴処分となったために真実が法廷で明らかになることはないままとなったが、実際問題、精神疾患を抱えた者が犯罪行為に走り、最悪の結末を迎えることもある。

「1時間あたり100万円の“移送サービス”も」統合失調症患者の巨大な家族負担をどう考えるかのページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事