NEW
篠崎靖男「世界を渡り歩いた指揮者の目」

オーケストラのプロの指揮者になる方法は、指揮者自身もよくわからない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Getty Images」より

「どうやって指揮者になったのですか?」

 こう聞かれると、「また、この質問か」と思います。うんざりするということではなく、少し困ってしまう質問なのです。

 僕のケースとしては、子供の時にピアノを習っていたけれど、たいしてまじめに取り組んではいませんでした。しかし、なぜかオーケストラを聴くと興奮していました。中学生くらいから急に指揮者になりたくなり、高校に入ってから必死で勉強して、音楽大学に入って、卒業後にコンクールで受賞したことがきっかけで、英ロンドンのマネージメントに所属し、同時に日本の音楽事務所にもお世話になり始めて、米ロサンゼルス、フィンランド、日本のオーケストラのポジションを経験しながら、いろいろな国々のオーケストラを指揮してきました。

 このように経緯は言えるけれども、「じゃあ、それが指揮者になるための道筋か?」と簡単に納得されても困るわけです。オーケストラの楽員やソリスト、歌手の人生も単純ではないとは思いますが、彼らと指揮者で絶対的に違うのは、自分で音を出せないということです。楽器奏者や歌手は自分で演奏して実力をアピールできますが、指揮者はオーケストラを指揮しない限りは実力を証明できません。

「じゃあ、オーケストラを指揮すればいいじゃないか」と、簡単に仰られるかもしれません。しかし、オーケストラを指揮するというのは、数日間のリハーサル、そして大事なコンサートのすべてを任されるということですので、オーケストラとしては、しっかりと信用できる指揮者に依頼します。しかしながら、オーケストラを指揮したことのない“指揮者の卵”には、そもそも信頼自体がありませんので、指揮をさせてもらえません。そんなどうしようもない状況から、すべての指揮者はスタートします。しかも、集客効果などと言われてしまえば、そもそも指揮者として世の中に出ていないわけですから、まったくお手上げとなります。

 コンクールで賞を取り、手っ取り早くチャンスをつかむことも、方法のひとつです。「受賞者」ということで話題性があるので、指揮をさせてくれるオーケストラも出てきます。これは本当にありがたいです。しかし、だからといって、一回指揮をする機会をもらうだけで、次の機会があるかどうかはわかりません。コンクールで賞を取っても、少し名前が広まるだけで、「指揮者になった」といえるほどではありません。幸運にも、少しずつ仕事が増えて行く中でガムシャラにがんばっていたら、いつの間にか“指揮者になっていた”というほうが的を射ていると思います。

オーケストラのプロの指揮者になる方法は、指揮者自身もよくわからない?のページです。ビジネスジャーナルは、連載、オーケストラコンクールロサンゼルス・フィルハーモニック指揮者の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事