NEW

本物の肉よりも美味しい「人工肉」!? アメリカ生まれの「BEYOND MEAT」とは?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今すぐ、どっかへ Doccaより】

 世界中で加速する健康志向。日本でも近年、ベジタリアンやヴィーガンへの関心が高まっています。

 そんななか、アメリカではすでに定番商品としてレストランや一般家庭の食卓に並んでいるのが、2011年にロザンセルスで創業したベンチャー企業、サべージ・リバー社が開発した植物肉、「BEYOND MEAT(ビヨンド・ミート)」。

 その名前のとおり、「肉を超える肉」として今大きな話題を呼んでいる完全植物性の肉で、エンドウ豆から抽出した植物性タンパク質や酵母エキス、ココナッツオイルから作られており、そこにビーツの絞り汁を加えることで、赤味を出しているのです。


ビル・ゲイツやレオナルド・ディカプリオも出資する、次世代の食品

 最初の商品はハンバーガー用のビーフ味のパテ。これを実際の肉のように、フライパンで焼いてから食べるようになっていて、今ではクランブルタイプやチキン味など、さまざまな商品が開発されています。
 
 これらの人工肉は、ベジタリアンやヴィーガン以外の肉を食べる人たちからも注目されており、ダイエットやアレルギー対策用の健康食品としてはもちろんのこと、環境問題や、今後危惧される世界的な食料不足問題への切り札にもなるかもしれない、まさに「次世代の食品」といえる存在となっています。

 こうした期待から、同社にはビル・ゲイツやレオナルド・ディカプリオといったセレブが巨額の投資をしているほか、日本の三井物産も投資を発表したことで、国内でも話題になりました。

 アメリカでは、この「BEYOND MEAT(ビヨンド・ミート)」とmpossible Foods(インポッシブル・フーズ)社の「Impossible Burger(インポッシブル・バーガー)」が植物肉の二大巨頭となっているほか、人工チーズや人工卵といったものも登場し、今後さらに競争が激化していくことが予想されています。

続きは【Docca】で読む

本物の肉よりも美味しい「人工肉」!? アメリカ生まれの「BEYOND MEAT」とは?のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、BEYOND MEATビヨンド・ミート人工肉の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事