生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

 世の中には自殺や殺人などのあった住宅・いわゆる「事故物件」が存在する。少しでも住宅費用を安くしたいなら、あえて事故物件を探して安く住むという方法もあるのだ。ここでは、そのような強心臓の人向けに、事故物件の探し方を紹介しよう。

事故物件を探すのは意外と簡単だった!

【裏技】あえて事故物件を探して安く住む方法!の画像1

「少しでも便利な都心で住みたい!」「でも、家賃が高くて無理!」そんな悩みを抱えているアナタに紹介したいのが「事故物件」だ。

 通常、自殺、殺人、放火、不審死などがあった物件は「訳アリ物件」や「事故物件」と呼ばれており、相場よりも安く借りることができる。普通は敬遠されがちな物件だが、きれいにリフォームされていれば生活にはまったく問題がない。そのようなことは全然気にならない人にとっては、逆にお得な物件となるのだ。

 しかし、そんな事故物件をどうやって探せばいいのだろうか? 実は、事故物件を探すのは非常に簡単なのである。物件情報サイトの検索覧で「告知事項」「心理的瑕疵」「特別募集」などのキーワードで検索すればすぐにヒットするのだ。

続きは【オトナライフ】で読む

関連記事