NEW

オウム死刑囚“大量執行”が意味するものと被害者遺族の高齢化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

 こんにちは、法社会学者の河合幹雄といいます。

「外国人の流入により日本の治安は悪化している」
「少年犯罪は凶悪化している」
「高齢者の引き起こす交通事故が激増している」
「児童虐待で亡くなる子どもが増えている」

 犯罪に関して現在の日本には、こうした物言いがあふれています。しかし、基本的にはどれも誤りです。むしろ、事実とは真逆とさえいっていいものもある。

 では、犯罪データやその他客観的資料を参照すればすぐに誤りだとわかるこれらの物言いが、巷間にあふれるのはなぜなのか? 単に誤りを正すだけではなく、なぜそうした誤りが流布してしまうのかを含めて考えることこそ、大切ではないのか?

 この連載「法“痴”国家ニッポン」では、「月刊サイゾー」(小社刊)に執筆していた同連載を引き継ぐ形で、このような疑問を常に念頭に置きながら、日々の事件やニュースに解説を加えていきたいと考えています。どうぞよろしくお願いいたします。

オウム死刑囚“大量執行”が意味するものと被害者遺族の高齢化のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事