NEW

『イッテQ!』ヤラセ疑惑にラオス政府が憤りか 国際問題へ発展の懸念

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

『世界の果てまでイッテQ!』

 11月7日、日本テレビの人気バラエティー番組『世界の果てまでイッテQ!』が、ありもしないラオスの祭りを捏造して放送したと「週刊文春」(文藝春秋)が報じた。8日、日テレはヤラセ報道を否定しているが、ラオス政府も対応を協議しているという。『イッテQ!』の打ち切りはおろか、国際問題にまで発展しかねない状況だ。

 「週刊文春」がヤラセを糾弾したのは、5月20日に放送された同番組の人気コーナー、「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」という企画だ。ラオスの首都・ビエンチャンで行われた「橋祭り」に、宮川大輔(46)が参加するという内容だったが、現地日本人による告発を受けて同誌記者が3週間にわたって現地取材を行ったところ、ラオスの情報文化観光省観光部、情報文化観光省マスメディア局など、複数人が「ラオスに橋祭りなんて聞いたことがない」と証言したという。「橋祭り」は番組側がセットを組み、地元の人々に協力を仰いででっち上げた、虚偽の祭りだというのだ。

『イッテQ!』ヤラセ疑惑にラオス政府が憤りか 国際問題へ発展の懸念のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事