NEW

白石麻衣と欅坂46の写真集、「異常な重版」称賛に「宣伝狙いの“重版商法”」と揶揄続出

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『白石麻衣写真集 パスポート』(講談社/白石麻衣、中村和孝)
 現在のアイドルシーンで圧倒的な存在感を放つ、乃木坂46と欅坂46。その勢いが数字として表れた写真集の爆発的な人気ぶりに、ファンはおろか出版業界も驚きを隠せないようだ。


 2017年2月に発売された乃木坂46・白石麻衣の2冊目となる写真集『パスポート』(講談社)が、22度目の重版で累計発行部数33万部を突破した。発売以降、売り上げは衰えを見せず、講談社の販売担当者が「前代未聞の異常事態」と表現するほどのセールスを記録している。

『パスポート』は“おしゃれでセクシー”がテーマで、白石にとって初のランジェリー姿での撮影にも挑んだ意欲作。自然体の笑顔やリラックスした表情に加え、“乃木坂46史上最高のセクシーショット”が見どころとなっている。白石本人も「男性女性問わず、いろんな方に“新しい白石麻衣”を見てもらえたらいいなと思います」と自信をのぞかせていたが、その言葉通り、ファン以外の層にまで彼女の魅力が浸透した結果といえるだろう。

 乃木坂46全体の写真集としては、『乃木坂46写真集 乃木撮 VOL.01』(同)も大きな注目を集めている。同書は乃木坂46メンバーが1年6カ月にわたって撮影してきたオフショットを収録したもので、メンバー同士だからこそ切り取ることのできた瞬間が写し出されている。今年6月の発売ながら、すでに累計売り上げ30.1万部超えを記録。“アイドル界トップの美形グループ”と名高い乃木坂46の素顔が満載とあって、ファンからは「ふだん見ることのできないやわらかな表情に癒される」「仲の良さが伝わってきて温かい気持ちになった」と高評価が相次いでいる。

 アイドルグループとは思えない圧倒的なパフォーマンスが人気の欅坂46は、初の写真集『21人の未完成』(集英社)を11月21日に発売する。卒業発表済みのメンバーらも含め1期生の21名全員が参加し、それぞれ異なる写真家が彼女たちの表情に迫っているという。発売前に重版が決定しており、発行部数は早くも18万5000部に到達。インターネット上でも、「タイトルからして、彼女たちの不安定さや危なっかしさが詰めこまれてそう」「21人全員が揃う貴重な写真集だけに、どこまで記録を伸ばすか」「唯一無二の存在感をどう表現しているのか楽しみ」と期待が高まっている。

 一方で、販売手法についても「アイドルの写真集は3000円台が多いなか、(『パスポート』は)税別1800円。しかも、人気グループの中の一番人気。そりゃ売れるでしょ」「一気に刷るのはリスクが高いのだろうが、こまめな“重版商法”で人気を煽っているように見える」「発売前に重版するくらいなら、はじめから多めに刷ればいいのに。わざと初版部数を抑えて宣伝効果を狙ったのか」「商売上手」とさまざまな反響があがっている。

 快進撃を見せるトップアイドルの魅力が満載の写真集。今後、さらに売り上げを伸ばすのだろうか。
(文=編集部)

白石麻衣と欅坂46の写真集、「異常な重版」称賛に「宣伝狙いの“重版商法”」と揶揄続出のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、アイドル乃木坂46写真集欅坂46白石麻衣の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!