NEW

月亭方正は「イジられるのがつらかった」 大晦日のダウンタウン『笑ってはいけない』シリーズの岐路

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

「絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時」

 NHKの紅白歌合戦と並んで、もはや日本の大晦日の風物詩的コンテンツとなっている『ガキの使いやあらへんで!』の特番である“笑ってはいけない”シリーズ(日本テレビ系)。お笑い芸人・ダウンタウンを筆頭に、月亭方正やココリコなどお馴染みのレギュラーメンバーが出演している。設定されたシチュエーションの中で次々と現れるゲストを見ても、その会話を聞いても、なにが起こったとしても決して笑ってはいけない――。笑ってしまったものには罰ゲームが課されるという企画だ。

 もともと同シリーズは2003年の7月の『ガキの使いやあらへんで!』のレギュラー番組内で放送された企画から派生したもの。2003年7月に放送された際のタイトルは『絶対に笑ってはいけない温泉宿1泊2日の旅』で、当時筆者もこれをリアルタイムで観ており、「抜群に面白い!」と大笑いした覚えがある。

 笑ってはいけないシリーズは放送当初から人気が高く、大晦日に特番として放送されるようになったのは2006年から。2018年も大晦日の放送が決定しているようで、今年のシチュエーションはまだ正式発表されていないが、11月13日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)は、考古学研究所を舞台にした『ヘイポー財団法人お豆考古学研究所』という設定のもと、すでに11月に撮影を終えていると報じている。

月亭方正は「イジられるのがつらかった」 大晦日のダウンタウン『笑ってはいけない』シリーズの岐路のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事