NEW

『中学聖日記』6話で視聴率自己最高!登場人物が全員ビッチばかりで盛り上がってきた!

【この記事のキーワード】

, , , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『中学聖日記』公式サイトより

 有村架純が主演する連続テレビドラマ『中学聖日記』(TBS系)の第6話が13日に放送され、平均視聴率は自己最高の7.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことがわかった。

 このドラマは、婚約者がいながらも、自分が担任する中学校の男子生徒・黒岩晶(岡田健史)に心惹かれていく教員・末永聖(有村)の禁断の恋を描く物語だ。だが、2人の関係は晶の母親を通して学校に明らかになってしまい、聖は学校を去る。晶ともそのまま別れ、3年の月日が流れた。第6話は、小さな町で小学校の教員として働く聖の日常から始まった。

 新天地で心機一転やり直そうとしたのに、晶と運命的に再開してしまう――というストーリーになるだろうことは、誰もが予想していたはず。現に第6話はその通りに展開したわけだが、それ以外にも余計な要素がてんこ盛りに描かれた。

 聖の元婚約者・川合勝太郎(町田啓太)が突然訪ねてきたのも、そのひとつ。別れて3年もたってから、聖の居場所を探し出して何かを届けに来たらしい。3年たって忘れ物を届けられても、ちょっと気持ち悪いと思うが、意外にも聖は好意的。というより、なぜか勝太郎を部屋に上げていた。いやいや、別に玄関先で受け取ればいいと思うが……。聖がすぐに男に付け込まれるのは、そういうところだと思う。

 聖が受け持つ児童のなかに、母親からネグレクトを受けている女の子がいるという設定もかなり余計だ。かわいそうな女の子を登場させてしまった以上、必然的にその子が救われる話も、どこかの時点で描かれなければならない。だが、本作は教師としての仕事ぶりや成長を描くドラマではないのだから、そんな話など誰も求めていない。関係ない話を広げるより、聖と晶の関係をしっかり描くべきだと思う。

 中学時代は、「体は大人、頭の中は子ども」みたいで、ひたすら怖くて気持ち悪かった晶は、“ちょっとチャラいイケメン”に大変身。聖が教師を辞めた後は学校にも通わなくなったくせに、地域で一番の進学校に進んだらしい。あれだけ“聖ちゃん一筋”だったのに、その間に同年代のかわいい女の子と付き合ったりしていたことも明らかになった。うーん……、普通の高校生になってしまってつまらない。

 そんな余計なエピソードを描きつつもドラマは進んでいき、晶は同窓会で再会した岩崎るな(小野莉奈)から告白され、2人でラブホテルへ。「私、黒岩の裸見たい。好きだから見たい」「(私が聖先生のことを)忘れさせてあげる」など、ビッチぶりを隠さない女子高校生が逆にすがすがしくておもしろい。どうせこの後、「やっぱり聖先生が忘れられない」と振られるのだろうに、けなげではある。

 一方、3年前のわだかまりに対し、自分の中でケリをつけたらしい勝太郎は、夜のオフィスで上司の原口律(吉田羊)にいきなり告白。「聖の代わりみたいな扱いはいやだ」とかグタグタ抜かす律の口を強引にキスでふさいで黙らせた。もっと若くてかわいい同僚だか後輩だかに色目を使われていたのに、そっちには見向きもせずに、だいぶ年上のめんどくさそうなおばさんを選ぶとは、なかなかのマニアである。この2人がどうなろうと、もはや聖と晶のメインストーリーには関係ないんじゃないかという気も大いにするが、まあひとごととして見ている分にはおもしろいので良しとしよう。

 その同じ頃、聖は同僚の野上一樹(渡辺大)と2人で職員室に残っていた。野上は、聖が隠していた3年前の出来事をすべて知っていると本人に告げる。かといってそれをネタに脅すわけではなく、「力になれたら」と同情するような素振りを見せ、「大丈夫、大丈夫です」と言いながら聖をそっと抱きしめた。弱みを握って言いなりにさせる手口であり、かなりヤバイ奴の香りがプンプンするが、聖本人はなんの警戒心もなく野上に身を任せていた。もう一度言うが、聖が男に付け込まれるのはそういうところだ。

 結局、第6話のラストはラブホテル、オフィス、職員室の3カ所で3組のカップルがラブシーンを繰り広げるという、“こってり”したものになった。視聴者からは、「今期は下半身がゆるゆるの人ばかり出てくるドラマばっかりだな」との声や、他局のドラマタイトルをもじって「これじゃあ、『獣になれる私たち』だな」などと揶揄する声が上がった。

 とはいえ、第6話はまだまだ、「第2章の設定と人物紹介」的な意味合いが強かったため、本格的に話が動くのは次回からだろう。聖は新天地に移ったものの、野上をはじめとして、聖の封印したい過去を知っている者が周囲に何人もおり、いつ平穏な生活が破綻してもおかしくない。聖の周囲の人々の会話に何度も「小さい町では、一度うわさになったら取り返しがつかない」といったフレーズが登場するのも、不穏な未来を予感させる。果たしてこの先、聖が過去の過ちに報いを受ける結末になるのか、それとも困難を乗り越えて晶と結ばれる結末が待っているのか、はたまた予想外の展開があるのか、結構気になってきた。
(文=吉川織部/ドラマウォッチャー)

『中学聖日記』6話で視聴率自己最高!登場人物が全員ビッチばかりで盛り上がってきた!のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、TBS中学聖日記吉田羊岡田健史有村架純視聴率の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!