NEW

『ブラックスキャンダル』山口紗弥加だけじゃない!遅咲きでも大ブレイクした女優4人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブラックスキャンダル|読売テレビ」より
「このウジ虫野郎!」「一滴残らず、地球上から干されて消えろ!」――木曜深夜に放送されている連続テレビドラマ『ブラックスキャンダル』(日本テレビ系)で主演を務める山口紗弥加の迫力ある演技が話題になっている。


 山口が演じているのは、仕組まれた不倫スキャンダルによって芸能界を追放された元女優。復讐を果たすために整形手術で顔を変え、名前も藤崎紗羅から矢神亜梨沙に変えて、自分が以前所属していた芸能事務所「フローライト」にマネージャーとして潜り込む。これまで、テレビプロデューサーや2世俳優など自分を陥れたゲスたちへの復讐を成功させており、15日深夜放送の第7話からは、いよいよ最終章に突入する。

 芸能界の不倫スキャンダルや枕営業を描き、さらに時事ネタが随所に盛り込まれた展開は、まさに深夜ドラマならではの攻めた内容となっている。同時に注目されているのが、山口は今作が連ドラ初主演という点だ。山口は14歳でドラマデビューを果たすが、一時はバラエティ番組への出演や歌手活動がメインとなり、22歳の頃には引退を決意したこともあったという。

 しかし、演出家・野田秀樹の舞台「オイル」への出演が転機となり、女優業に邁進することを決意。出演した連ドラは60本以上を数えるなど、着実にキャリアを重ねた。そして、芸歴24年、38歳にして連ドラ初主演を飾ったというわけだ。山口は、「週刊ポスト」(小学館/2018年11月2日)で主演オファーについて「私のような“古株女優”にそんな話はもうないだろうって、どこか諦めていましたね」「38歳の今だからこその“古漬けの味”を出したいです」と語っている。

40代でブレイクの吉田羊、朝ドラが転機の尾野


 芸能界では、子役出身の芦田愛菜や鈴木梨央のように、早ければ年齢1ケタのうちから人気者となり、ドラマやCMに引っ張りだこになるケースもある。一方で、山口のように遅咲きの女優も少なくない。

 近年の代表格が、吉田羊だろう。1997年のデビュー以降、舞台やドラマでの活躍を重ねてきたが、2014年のドラマ『HERO』(フジテレビ系)への出演がきっかで一気に知名度が上がり、大ブレイク。15年には「今年、最もブレイクした女優」と言われ、今やドラマ、映画、CMなどで見かけない日はないと言っても過言ではない。

 吉田は年齢非公表だが、16年の「日本ジュエリーベストドレッサー賞」では40代部門で受賞しており、インターネット上でも「44歳ぐらいでは」とささやかれている。それを前提とすると、『HERO』の時点で40歳ぐらいということになり、40代に入ってからブレイクを果たしたことになる。現在、ドラマ『中学聖日記』(TBS系)に出演しているほか、主演映画『ハナレイ・ベイ』(HIGH BROW CINEMA)も公開中で、まだまだ快進撃は続きそうだ。

 また、ファッションモデルから女優に転身したのが吉瀬美智子だ。1995年の芸能活動開始以降、モデルの仕事をメインとしてきた吉瀬だが、2007年の事務所移籍を機に女優業に進出。「32歳の新人女優」として活躍を続け、10年には『ハガネの女』(テレビ朝日系)で連ドラ初主演、『死刑台のエレベーター』(角川映画)で映画初主演を飾る。14年には、『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』(フジテレビ系)で不倫に溺れる主婦を演じたことも話題を集めた。現在43歳なので、ブレイクしたのは30代後半からということになる。

『ブラックスキャンダル』山口紗弥加だけじゃない!遅咲きでも大ブレイクした女優4人のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、ブラックスキャンダル吉瀬美智子吉田羊女優尾野真千子山口紗弥加石田ゆり子の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!