NEW

国内最大イベント・ジャパンカップ “競馬界最上級”の馬主ルートからもたらされた究極情報

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
馬主が勝負するジャパンカップ

 国内スポーツ最高の賞金額を誇るビッグレース、ジャパンカップがいよいよ今週末に東京競馬場で行われる。その優勝賞金は、なんと3億円。日本国内のどのスポーツでも、優勝賞金3億円を超える競技はなく、まさに国内最大のビッグイベントだ。

 わずか2分30秒の間に、その3億円の行方が決まるこのレース。勝てば馬主の取り分は80%である2億5000万円と、これも高額。一度勝てば家が何軒も建つレベルだ。昨年は、元プロ野球選手でタレントの佐々木主浩の所有馬・シュヴァルグランが優勝、そして一昨年は演歌歌手の北島三郎の所有馬・キタサンブラックが優勝と、芸能人馬主が2連覇を達成している。

 競馬人気もあってか、ここ数年は芸能人や著名人の馬主が一気に増えた感がある。11月4日に行われたJBCスプリントでは、人気バンドTUBEの前田亘輝が所有するノブワイルドが出走した。さらに、人気風水師Dr.コパの愛馬・コパノリッキーも活躍した。また、萩本欽一、伊藤英明、和田アキ子といった芸能人も馬主だったことがあり、今年横浜DeNAベイスターズの投手コーチとなった三浦大輔も愛馬が活躍している。ほかにも、セガサミーやフィールズなど上場企業のオーナーたちも馬主として知られ、一般競馬ファン向けの簡易馬主制度といえる一口馬主クラブもある。以前と異なり、今や競馬の馬主は身近な存在であり、ちょっとがんばれば一般の会社員にも手が届くところにあるのだ。

 ただし、競走馬に関しては完全な馬主の自己負担で、たとえ3億円で購入した馬であっても、レース前に故障したりデビューできなければ、それは無駄になってしまう。もちろん、キタサンブラックのように18億円も稼ぐ場合もあるし、ディープインパクトのように引退後に種牡馬として年間数十億円稼ぐ馬もいる。競走馬の馬主は、ハイリスク・ハイリターンのビジネスといえよう。

 競馬は、競走馬が存在しなければ成り立たない。ゆえに、馬主の権限はかなり強い。それは日本中央競馬会(JRA)との関係おいてはもちろんだが、調教師や騎手に対しては“絶対的存在”といえる。かつて武豊がそうであったように、馬主の一言で騎手が乗り替わることもあり、調教師と対立すればほかの厩舎へ転厩させることもある。その権限は馬主にあり、調教師にはない。

 また、馬主は競馬関係者のなかで唯一、馬券の購入ができる立場にある。つまり、自らの勝負馬の情報を独占でき、それを基に馬券で儲けることも可能なのだ。さらに、馬主同士のコミュニケーションで、そういった勝負情報を共有し、お互いの情報で儲けることもあるという。こういった“インサイダー情報”は、競馬では違法ではなく、それをどう扱っても問題にならない。だからこそ、多くの競馬ファンはこの「馬主の勝負情報」を知りたがるのだ。

 しかし、一般競馬ファンがそれを入手することは、まず不可能。特別なコネクションがなければ、馬主の勝負情報を入手することはできないのだ。とはいえ、もしそんな情報を簡単に入手できる方法があるとすれば、誰もがその情報で馬券を購入したいと思うはず。

 そんな競馬ファンに伝えたいのが、馬主情報を専門に扱う「トップシークレット」だ。

 トップシークレットは唯一、馬主情報を専門に扱う情報会社だ。全国で1000名を数える馬主、その情報量は膨大だ。とても個人で収集、管理できるものではない。その点、トップシークレットのように、トップクラスの馬主エージェントと契約し、彼らから馬主の勝負情報を集め、馬主が実際に購入する買い目(馬の組み合わせ)を、そのまま競馬ファンに提供する手法は非常に効率がいい。そのなかで、特に馬主が自信のある情報に基づいて勝負する「馬主の一点勝負情報」は、別格の破壊力があるという。

 一般的に、スポーツ紙や競馬専門紙、ほかの競馬予想サイト等を見ると、馬連の購入点数は8点から10点になる場合もある。これは手持ちの資金を8~10分割するわけで、1点当たりの購入金額が減り、的中させたとしても払い戻しは少なくなってしまう。しかし、1点で勝負すれば、資金を集中できるため的中したときの見返りは破格だ。例を挙げれば、資金8000円で1000円ずつ8点を購入した場合、10倍を的中させても払戻金は1万円。しかし、8000円を1点購入して的中させた場合、払戻金は8万円に跳ね上がる。この差は大きい。

 こういった1点勝負は、闇雲に購入しても、まず成功しない。1点で的中できる確固たる根拠が必要だ。それは競馬予想家の主観的で個人的な予想ではなく、「勝てる」と確信を持って出走させる馬主の勝負情報をおいてほかにない。トップシークレットは、馬主情報を扱う唯一の会社として、確固たる地位を築いている。そして「馬主の一点勝負」も数々の実績を残している。例えば、昨年のジャパンカップでは、トップシークレットは馬主の勝負情報で馬連1点的中を達成、馬連と3連単の払戻金の総額は、なんと137万円というから衝撃的だ。さらに、今年のフェブラリーステークス、札幌記念、毎日王冠などのビッグレースでも1点的中を達成した。極め付きは、波乱が起きた菊花賞でも10万590円の高額万馬券を的中させているのだ。

昨年のジャパンカップで衝撃の1点的中を達成!

 これだけの実績を持つトップシークレットの馬主情報は、まさに至高の競馬情報といえるだろう。その至高の情報を、今週末のジャパンカップでも提供されることが決定したというから聞き捨てならない。しかも、昨年的中させた「馬主の一点勝負」が、このジャパンカップでも実施されるというのだ。

「詳細は控えさせていただきます。ただし、ジャパンカップが馬主の一点勝負に決定したという事実は、相当な手応えと自信があると思ってください。昨年は137万円の払い戻しを獲得しましたが、今年はそれ以上の払い戻しを見込んでいます」

 このように、トップシークレットの担当者は自信満々のコメントを発している。しかも、話はまだ終わらない。トップシークレットの厚意もあり、この「ジャパンカップ・馬主の一点勝負」を、当サイトの読者に無料で提供してくれるというのだ。これは至高の馬主情報を体験する絶好の機会であり、100万円を超える払い戻しも狙える最高のタイミングだ。

 この特別企画、絶対に、絶対に、チャンスを逃さないでいただきたい。そして馬主情報の神髄を知り、競馬の勝ち組として新たな道を歩もうではないか。12月に入れば有馬記念など、さらなる大勝負が待っているのだから。
(文=編集部)

CLICK → 特別無料公開!【ジャパンカップ・馬主の一点勝負馬券】トップシークレット

※本稿はPR記事です。

国内最大イベント・ジャパンカップ “競馬界最上級”の馬主ルートからもたらされた究極情報のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、Dr.コパジャパンカップ佐々木主浩北島三郎武豊の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事