NEW

八尾市さくら保育園、男性保育士による女子園児わいせつ行為を「スキンシップ」と強弁

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Gettyimages」より

 大事に育てている愛娘のファーストキスが、信頼して預けている保育園の男性保育士に奪われていたら……。そんなゾッとするようなことが現実に起きたのが、大阪府八尾市にある「さくら保育園」である。

 同園で保育士として働いていた和田敬之被告は、女子園児の身体に触るなどしたとして、今年6月に逮捕され、起訴された。さくら保育園は来年4月から休園する方針を固めた。和田被告が行っていたのは、園児に目隠しさせ舌を出させ自分の舌で舐める、ズボンの下から手を入れて下半身を触る、プールでの着替えの際に全裸の女児に触るという、卑劣きわまりないわいせつ行為である。

 保育士向け転職悩み相談サイト「ほいくのおまもり」を運営する、男性元保育士から話を聞いた。

「男性保育士による女児へのわいせつ行為というのは、そうそう起きることではありません。もしそういうことが起きれば、懲戒処分されるということになります」

平成26年の国勢調査によると、保育士登録者数は約119万人。そのうち男性保育士は約5万人で全体の4%ほどとなっている。家庭でも父親が育児に積極的に参加する時代なのだから、保育園でも男性保育士の存在は幅広い育児が可能になると歓迎する声も多い。

 報道をたぐっていくと、男性保育士による女児へのわいせつ行為は稀にはあるが、職場は懲戒解雇され刑事処分も下されている。さくら保育園の件が大きなニュースになっているのは、被告の父親が園長で、母親が副園長であり、とりわけ母親が「保育士はスキンシップをするんです」「敬之は慕われていたんです」などと本人をかばっていたからだろう。

「保育園というのは血縁者で経営陣を固めている『一族経営』が他業界より多くあります。それが何代も続いていたりするんです。それがすべて悪いというわけではないですが、一族の常識が世間の非常識になってしまっている場合があるんですよ。今回の件でも、保護者から息子の行為を聞かされて『ビックリですね』なんて答えるというのは、一般の感覚とはかけ離れていますよね。先代からやっていて、その園でしか働いた経験がなくて園長や副園長になっている可能性もあります。外の世界を知らないで、自分たちのルールで運営してきて、深刻な性的虐待をスキンシップと言ってしまうというのは、いかに閉じられた世界で運営されてきたかということじゃないかと思います」(同)

八尾市さくら保育園、男性保育士による女子園児わいせつ行為を「スキンシップ」と強弁のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、さくら保育園和田敬之退職の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!