NEW

TikTokの大流行に見るSNSの低年齢化、ネット顔出しのリスクを子どもにどう教える?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

TikTok公式HPより

 2018年の流行語大賞にもノミネートされ、大流行中の動画共有アプリ「TikTok」。ぺこ(23)&りゅうちぇる(23)や、人気Youtuberのヒカキン(29)などの有名人が利用する影響もあり、中高生女子を中心に爆発的な流行を見せている。

 国内リリースは2017年8月とまだ日が浅いにも関わらず、TikTokの利用者は10代で13.6%、20代で13.0%(2018年8月、MMD研究所調査データより)。TikTokは今後、さらに勢いを増していくだろう。

 TikTokの特徴として、「リップシンク(口パク)機能」がある。ユーザーは、アプリ内に用意された音楽に合わせて口パクやダンスを行い、スマホカメラで15秒間のショートムービーを撮影する。アプリ上で簡単に加工や編集ができ、できあがった動画を投稿することで、視聴者とのコミュニケーションを図る。フォロワーやいいね! の数で承認欲求を満たすのは、ほかのSNSと同じ性質だ。

TikTokの大流行に見るSNSの低年齢化、ネット顔出しのリスクを子どもにどう教える?のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事