NEW

コメダとタリーズの売上が増加している理由…圧倒的強者スタバを脅かすか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメダ珈琲店のシロノワール(「Wikipedia」より/RadioActive)
“カフェ戦争”が激化している。大手チェーンと街の喫茶店などがしのぎを削るなか、コンビニエンスストアのカウンターコーヒーがヒット商品となり、消費者の奪い合いが続く。また、焙煎方法や抽出者の違いを打ち出し、高品質なコーヒーを見える化した「第4の波(フォースウェーブ)」の到来もささやかれており、今後もコーヒー需要の高まりが予想されているのだ。


 帝国データバンクの調査【※1】によると、喫茶店・カフェ経営業者1180社の2017年の売上高合計は、前年比4.6%増の6415億3200万円となり、拡大傾向が続いている。

 売上高ランキングでは、1位のスターバックスコーヒージャパンが約1709億円で全体の約4分の1を占める。2位はドトールコーヒーの約725億円、3位はタリーズコーヒージャパンの約302億円。増収率トップはコメダ(売上高243億円、前年比10.7%増)、次いでタリーズ(同9.1%増)となっている。

 コメダやタリーズが躍進した理由は何か。また、王者スタバは安泰なのか。帝国データバンク東京支社情報部情報取材編集課の伊佐美波副主任に話をうかがった。

コメダとタリーズ、好調の舞台裏


 コメダの売上高前年比10.7%増、タリーズの9.1%増という増収率は、スタバ(6.4%増)、ドトール(1.8%増)、売上高4位のサンマルクカフェ(3.0%増)を大きく引き離す。この差は何か。

「16年に上場したコメダホールディングス傘下のコメダは、FC加盟店部門で関東、関西、九州地区で出店が順次進められ、ロイヤリティ収入が増加しました。また、店舗数が増えたことでコーヒー豆やパンなどの食材販売量も増加しています。コメダといえば、モーニングサービスに代表される価格面での手頃感に加え、きめ細やかな接客サービスや郊外の広いスペースからなる居心地の良い空間づくりが特徴で、それらの施策が幅広い客層に受け入れられている点も大きいでしょう。FCとしての店舗展開で手元資金を抑えながら、短期間で急拡大しています。

 タリーズもFCの店舗拡大が順調です。メニュー面では、飲料に加えて、パスタやパンケーキ、アイスクリームなどのフード類を充実させ、客単価の上昇に努めています。親会社の伊藤園もタリーズブランドを生かしたコーヒー飲料の販売を進めており、販促の面では相乗効果を得られるメリットもありますね」(伊佐氏)

スタバ、ドトールの地位は安泰か?


 今回の調査で改めて浮き彫りになったのが、スタバの圧倒的な存在感だ。前述したように、17年の売上高は約1709億円で全体の約4分の1を占め、2位のドトールに2倍以上の差をつけている(※今回の調査では、ドトールコーヒーと日本レストランシステムは別会社として算出したが、両者は2007年に経営統合し、親会社はドトール・日レスホールディングスとなっている)。「スターバックス コーヒー」の運営やコーヒー関連商品の販売を手がけ、18年9月末時点の店舗数は1392(うちライセンス106)だ。

 コンビニ向けチルドカップのカフェラテやエスプレッソなどをリニューアルしたほか、「ミルクカスタードプリン」や「チョコレートプリン」などの期間限定商品が人気を集め、既存店の客単価と来店客数が増加。さらに、新規出店数も増加した結果、店舗売上・ライセンス収入ともに増収となった。

コメダとタリーズの売上が増加している理由…圧倒的強者スタバを脅かすか?のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、カフェコメダコーヒースターバックスタリーズドトール喫茶店の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事