NEW

「NISA」と「つみたてNISA」の2つがあるけど正直どちらがいいの!?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

 投資して得られた利益が非課税になるNISA制度。まだ利用していないひとはぜひ利用してほしい。NISA制度には「NISA」と「つみたてNISA」という2つの制度がある。①対象期間②対象金額③対象商品が異なっているが、「NISA」のほうが有利になる。なぜかを解説しよう。

20年後の法令も市況も予想できないので、NISAを選択しておこう


 そもそもNISAとジュニアNISAの制度がどのようなものか理解しておこう。いずれの制度も、「投資で得られた利益に対する税金」が非課税になる制度だ。2018年10月現在では所得税と住民税合わせて20.315%の税金が課税される。これが非課税になるということだ。

 例えば、100万円で株を買って売ったら120万円となった。このときの税金は、20万円×20.315%=4万630円となる。NISAやジュニアNISAではこの税金4万630円を支払う必要がない。ということは利益が出れば出るほど税が非課税になるので、その分お得になるというのが制度の特徴である。

 ではNISAとジュニアNISAの違いに入ろう。以下に整理しておく。

■NISA
投資期間5年間で、年間120万円までの「投資枠」で得た利益が非課税になる。対象金融商品は株や投資信託、ETF、REITである。

■ジュニアNISA
投資期間20年間で、年間40万円までの「投資枠」で得た利益が非課税になる。対象金融商品は金融庁が厳選した161商品(2018年9月現在)。

続きは【オトナライフ】で読む

「NISA」と「つみたてNISA」の2つがあるけど正直どちらがいいの!?のページです。ビジネスジャーナルは、マネー、NISA投資積立ての最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事