NEW

ジャパンカップ、馬主は「この馬券」で大勝負する!門外不出の最高機密情報!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ジャパンカップで馬主の大勝負が炸裂!

「馬主って儲かるのか?」

 そんな疑問を感じている人は少なくないだろう。確かに、今週末に行われるジャパンカップのような、1着賞金3億円を手に入れれば一気に金持ちになれる。しかし、そんな強運の持ち主は1年に1人しかいない。

 過去には、「馬主は道楽」と言われていた時代があった。競走馬は数百万円から数億円と高額で、なおかつ維持費用も高く、大きなレースを勝てなければペイできないからだ。たとえば、日本中央競馬会(JRA)では、1頭当たり1カ月約70万円の預託料がかかり、1年では840万円にも達する。複数の馬を所有していれば、その分、増えていく。5頭持っていれば、年間4200万円にも上る。その馬が結果を出して賞金を稼いでくれればいいが、まったく走らないことも想定しなければならない。そこで、ある程度の資金がなければ続けられないことから、道楽と言われていたのだ。

 しかし、最近は馬主をビジネスとして考える見方も増えてきた。あらゆるデータや相馬眼を駆使して、“走る馬”を買って賞金を稼ぐ。引退後の価値のある馬を買って、種牡馬として稼ぐ。そして、馬券で儲けて利益を出すというものである。

 ディープインパクトの金子真人オーナーは、現役馬主として最も効率よく稼いでいるといわれている。実際に、馬主歴23年で3頭のダービー馬を所有し、優に100億円を超える賞金を獲得した。引退したディープインパクトやキングカメハメハも、種付け料4000万円など破格の評価で種牡馬として稼いでいる。しかし、これはまったく稀有な例で、ほとんどの馬主は年間に1~2勝、もしくは未勝利が当たり前というのが現実だ。それでも、多くの馬主が赤字を覚悟で続けられるのは、馬券で儲けられるからともいわれている。

 馬主は、その立場から、自分の所有馬や知人の所有馬の“勝負どころ”を知っている。

「今度のレースは極限の仕上げで勝負レース」

「厩舎関係者も太鼓判の状態。負けることは考えられない」

 こういった、いつ走るのか、いつ勝てるのか、そしてこれまで着順が悪くても、たとえ人気がなくても、今回は好走できる、そんな状況や情報を把握しているという。このような馬主の馬券勝負は、競馬ファンにとって絶大な価値がある情報だろう。そんな馬主の勝負情報を競馬ファンに提供しているのが、業界で唯一、馬主情報を専門とする競馬情報会社「トップシークレット」である。

 馬主は、そのほとんどが企業のオーナーや経営陣。よほどのことがない限り、直接厩舎関係者とやりとりをしたり、細かい指示を出すことはない。そこで登場するのが、馬主と厩舎をつなぐエージェントだ。この「馬主エージェント」と呼ばれる関係者は、馬主や厩舎関係者、そして騎手たちと密接な関係にあり、あらゆる情報を把握している。

 そして馬主からも馬券につながる情報を集めるように指示を受けている。そういった情報を把握する馬主エージェントたちとトップシークレットは契約し、本物の馬主が数百万円、時に数千万円もの資金を投入して勝負するレースの情報をつかんでいるのだ。それを関係者たちは「馬主の一点勝負情報」と呼んでいる。

 この「馬主の一点勝負情報」は、巷にあふれる予想とはレベルが違う。スポーツ紙やタレントが主観的に考える予想ではなく、本物の馬主が「勝つ馬と好走する馬」を把握したうえで勝負するもの。その情報レベルは、まさに“トップシークレット”で、スポーツ紙や競馬専門紙に流れることは絶対にない。しかし、馬主情報を専門に扱うトップシークレットは、そのすべてを把握し、凄まじい実績をあげているのだ。

 たとえば、昨年のジャパンカップは1番人気のキタサンブラックが敗退したが、このレースでトップシークレットは「馬主の一点勝負情報」を提供し、レイデオロとシュヴァルグランの組み合わせで馬連1770円を1点で的中。3連単1万3340円とのダブル的中で、払戻金は137万2400円にも達した。彼らは馬主エージェント情報により、「キタサンブラックは良くて3着」という情報を得ていたという。その結果が、137万円を超える払い戻しなのだから、そのインパクトは半端ない。

 さらに、朝日杯フューチュリティステークス、日経新春杯、アメリカJCC、きさらぎ賞、などの重賞レースで1点的中を連発。2月のフェブラリーステークスでも、馬連1140円1点的中を達成し、57万円の払戻金を獲得している。この秋に入っても好調で、大波乱の結末となった菊花賞でも10万590円の高額万馬券を的中させているのだ。

菊花賞で会員から届いた払い戻しの画像

 まさに本物の馬主情報だけが可能とした、トップシークレットが提供する「馬主の一点勝負情報」は、競馬ファンにとって最強の武器といえるだろう。もちろん、これから競馬を始めたいと考えるビギナーにとっては、ゲームスタートと同時に「ロトの剣」を手に入れたようなものとなる。

 しかし、重要なのはここからだ。トップシークレットによれば、今週末に行われるジャパンカップは、昨年同様に「馬主の一点勝負情報」での提供が決定したという。しかも、今回に限り、

「無料提供」

が決定したというから驚きだ。誰もが知りたい「馬主の一点勝負情報」を無料で手に入れることができる絶好のチャンス。これはジャパンカップの馬券購入を検討しているすべての人に伝えたい。

 クリストフ・ルメールが騎乗するアーモンドアイや、サトノダイヤモンド、スワーヴリチャードといった注目馬が出走する今年のジャパンカップ。トップシークレットの「馬主の一点勝負情報」は、どんな結論となるのだろうか。ぜひこの「馬主の一点勝負情報」を無料で手に入れ、この秋最大のビッグイベントに挑みたい。そしてその勝利を手にし、暮れの有馬記念へと向かおうではないか。
(文=編集部)

CLICK → 特別無料公開!【ジャパンカップ馬主の一点勝負】トップシークレット

※本稿はPR記事です。

ジャパンカップ、馬主は「この馬券」で大勝負する!門外不出の最高機密情報!のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事