NEW

これじゃ部下が育たない! 「ダメ上司」に見られる3つの特徴

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※画像:『任せきりでも10億円!週休5日社長の 任せる力』(真藤昌瑳煕著、すばる舎刊)

 「働き方改革」が進む中で問われている、上司の“マネジメント能力”。

 いかに部下の力を引き出し、チームとして早く仕事を終わらせるように仕向けられるか。そして自分自身もダラダラと夜遅くまで仕事をせず、スマートに帰ることができるか。これが一つの鍵となります。

 ただよく言われるように、プレイヤーとして優秀だった人間がそのまま良い上司になれるかというと、そうではありません。プレイヤー時代の優秀さが逆にネックになってしまうこともあります。

 ここでは『任せきりでも10億円!週休5日社長の 任せる力』(真藤昌瑳煕著、すばる舎刊)から、「ダメ上司」になりがちな人の共通点を3つご紹介します。当てはまっている人は周囲にいませんか…?

■「自分がいないと仕事が回らない」

 「自分がいないと仕事が回らない」という状況は、責任感と「周囲に認められたい」という承認欲求からくるもの。プレイヤーとしてならまだしも、上司というチームの仕事をマネジメントする立場だと、こういう状況はマイナスになります。

 上司はまず自分の仕事を手放し、部下に任せることが大事です。にも関わらず、自分がいないと回らない状況にあるということは、部下にちゃんと仕事を渡せていないということになります。

■「自分でやったほうが早いし、確実」

 これも上司によくありがちな考え方。しかしこれは部下を信用できていないということであり、このような考えをしている限り、部下が育つこともありません。失敗してもいいから任せてやってみてもらう。そうやって部下への信用が積み上がっていくのです。

■「忙しく働くことは美徳」

 「忙しい」自慢をする人が多いことからも分かるように、「朝から晩まで忙しく働くことは美徳」と思っている人も少なくありません。

 ただ、このような価値観を持つ上司はマネジメントの側面から問題です。仕事を抱え込んでしまい、部下の育成やチームマネジメントに集中できないからです。まずは自分の仕事を手放し、余裕を持つ。部下の成長を考える上でもそれは必要なことです。

 上司の仕事は「部下ががんばれる環境を作ること」。そのために必要なのが仕事を「任せる」ことなのです。

 優秀な上司になるためにも「任せる力」を身に付けてみてはいかがでしょうか。
(新刊JP編集部)

※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

これじゃ部下が育たない! 「ダメ上司」に見られる3つの特徴のページです。ビジネスジャーナルは、スキル・キャリア、働き方改革社員教育管理職の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事