NEW

TBSがSMAP『世界に一つだけの花』を排除!? ジャニーズの圧力か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

『新しい地図』公式Instagramより

 11月19日に放送された『歌のゴールデンヒット -年間売上げ1位の50年-』(TBS系)で、視聴者を唖然とさせる出来事があった。それは平成最大のヒット曲・SMAPの『世界に一つだけの花』が登場すべき場面で、完全に“なかったこと”にされた――というものだ。

 同番組は、1970年代から現代に至るまで50年間のヒット曲を、売り上げランキングをもとに紹介。名曲とともに昭和から平成を振り返るという趣向で、1年ごとにいちばん売れたヒット曲を取り上げていた。

 2000年代はラストの15分間に凝縮されていたが、2000年はサザンオールスターの『TSUNAMI』、2001年は宇多田ヒカルの『Can You Keep A Secret?』、2002年の浜崎あゆみの『Independent』……懐かしい曲が次々と流れ、視聴者のノスタルジーを誘う。

 しかし、なぜか2003年のヒット曲紹介はまるごとカット。2002年の次は、2004年の平井堅の『瞳をとじて』に切り替わってしまった。あまりにも不自然な演出だったのだが、番組は何事もなかったかのように進行。視聴者に強烈な違和感を与えた。

TBSがSMAP『世界に一つだけの花』を排除!? ジャニーズの圧力かのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事