NEW

ゾゾタウン、企業としての信用低下が深刻…ゾゾスーツは一瞬で撤回、PBゾゾは納期遅延

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ゾゾスーツ(「ZOZO オフィシャルサイト」より)

 自宅で全身を自動採寸できるとして話題を集めた「ゾゾスーツ」。しかし、ゾゾスーツは失敗に終わった。何をもって失敗とするかは人によって違うだろうが、少なくとも筆者は「ゾゾスーツは完全に失敗に終わった」と思っている。そうだとして、なぜゾゾスーツは失敗に終わったのか。

 言わずもがなだが、ゾゾスーツは、衣料品通販サイト「ゾゾタウン」を運営するZOZO(ゾゾ、旧スタートトゥデイ)が開発した採寸用のボディースーツだ。ゾゾスーツで採寸して同社のプライベートブランド(PB)「ZOZO(ゾゾ)」の服を注文すれば、ジャストサイズの服が届くということで注目を浴びた。

 初代ゾゾスーツは、スーツに内蔵された複数の伸縮センサーが体の各部位を計測するというものだったが、技術や費用の面で量産が難しいことから生産を終了させた。代わりに、スーツ全体に施されたドットマーカーをスマートフォン(スマホ)のカメラで360度撮影して全身を計測するゾゾスーツを開発し、無料で配布してきた。

 そんなゾゾスーツに関し、前澤友作社長が2018年4〜9月期の決算説明会で注目の発言をした。「今後はゾゾスーツなしで購入できるようになる」というのだ。新技術を採用することにより、ゾゾスーツは不要になるという。これまでに配布したゾゾスーツから得られたデータ群に加え、身長や体重などの基礎情報と既存製品に対して消費者から寄せられた情報を活用することで、最適なサイズ提案が可能だという。

 ゾゾスーツが不要になるため、ゾゾスーツの配布枚数を大幅に減らす。当初、今期に600万〜1000万枚を配布する計画だったが、最大で300万枚に抑えるとした。これにより、約70億円かかる予定だったコストは40億円まで減らせるという。ゾゾスーツは今後、利用者の特性を知るためのデータ収集に利用し、「無料で大量にゾゾスーツをばら撒くことは極めて近い段階でやめる」(前澤友作社長)という。

 今後、ゾゾスーツがなくてもぴったりサイズの服を注文できるようになるのであれば、わざわざゾゾスーツを着用してスマホで全身を撮影するという手間をかける人は激減するだろう。しかも、ゾゾスーツで計測しても誤差が生じるとの指摘が相次いでおり、計測の正確性を疑問視する声が少なくない。今後、計測精度が向上する可能性はあるだろうが、近い将来にスーツが有料になるのであれば、たとえ計測精度が向上したとしても、お金を払ってまで利用する人がどれだけいるのか甚だ疑問だ。

ゾゾスーツは80億円かけた「おもちゃ」

 わざわざゾゾスーツを着るという手間をかけなくても全身を採寸できる技術が開発されていることも、ゾゾスーツ不要論を加速させることだろう。

 たとえば、紳士服大手のコナカはスマホのカメラを使って服のサイズを自動採寸できるアプリを開発した。撮影された体形画像を基に、人工知能(AI)が寸法を割り出すというものだ。まずは一人ひとりの体形に合った、ぴったりサイズのワイシャツの販売を始めたが、採寸にあたりゾゾスーツのようなスーツを着る必要はなく、ワイシャツとパンツを着用したまま4枚の写真をスマホで撮って、身長など数項目の情報を入力するだけでサイズ提案がされるようになっている。今後は、紳士用のスーツの販売も予定しているという。

ゾゾタウン、企業としての信用低下が深刻…ゾゾスーツは一瞬で撤回、PBゾゾは納期遅延のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、, , , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事