NEW

新聞、18歳の過半数が「将来読まない」…会社員や経営者の間で「新聞不要論」広がる

文=編集部
【この記事のキーワード】, ,

 一方、新聞の必要性を唱える声も。作家の林真理子氏は過去に「日本新聞協会」が行ったインタビューで、「自分がいかに『無知』であるか、若いうちに気づくべきだ。自らの『無知』を知る第一歩が新聞を読むことだ」とコメント。またジャーナリストの池上彰氏は「東洋経済オンライン」で行った作家・佐藤優氏との対談で、「1日5分でも継続して新聞に目を通す習慣を」と呼びかけ。“とれる情報の多さ”に驚くはずと語っている。

 ちなみに今回、複数のビジネスパーソンに聞いたところ、次のようなコメントが寄せられた。

「家で日経新聞をとっているけど、読むのは自分の仕事に関係する記事だけ。でも、よく考えてみれば、スマホで十分かも」(大手電機メーカー課長職)

「新聞を読もうという発想すらなかった」(ITベンチャー経営者)

「日経だけ、ざっと目を通す」(保険会社中堅社員)

「一応、読売をとっているけど、読まない」(テレビ局管理職)

「会社の人たちがみんなカバンに入れているから、自分もそうしているけど、ほとんど読まない。専門的な情報がないから、役に立たない」(ノンバンク中堅社員)

「仕事柄必要なので、最低限目を通す」(金融機関マネージャー職)

 改めて新聞の存在価値が問われそうだ。
(文=編集部)

Business Journal

企業・業界・経済・IT・社会・政治・マネー・ヘルスライフ・キャリア・エンタメなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter: @biz_journal

Facebook: @biz.journal.cyzo

Instagram: @businessjournal3

ニュースサイト「Business Journal」

情報提供はこちら

新聞、18歳の過半数が「将来読まない」…会社員や経営者の間で「新聞不要論」広がるのページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!