NEW

体型コンプレックスを解消する! 週15分でできる充実エクササイズ

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※画像:『週1回15分スクワット 還暦でビキニになる!』(みらいパブリッシング刊)

 歳をとるごとに体力の低下や、体型の変化を実感する場面が増え、「もう若くはないんだな」と日々落胆している人は少なくないはず。

 体と心はつながっているもの。体の衰えを自覚すれば、精神的にも自信を失ってしまいがちです。逆に、体を若々しく保ったり、鍛えてパワーアップできれば、気持ちの面にいい影響が出ることもあります。

 『週1回15分スクワット 還暦でビキニになる!』(みらいパブリッシング刊)の著者、竹村啓子さんも肉体改造によって自信をもって人生を歩めるようになった一人。子どもの頃から背が低く小太りな体型がコンプレックスだった竹村さんの人生は、A.R.M.式スクワットと呼ばれるエクササイズに出会ってから一変したといいます。

■週15分でOK! でも結構キツい? A.R.M.式スクワットとは

 本書によると、A.R.M.式スクワットとは

・体調が良い時ではなく、体調が悪い時に始める
・肉体を限界まで追い込む代わり、週に15分程度でOK

 などの特徴を持つユニークなトレーニング法。ここでは、本書からA.R.M.式スクワットの代表的なエクササイズを紹介します。

(1) イス(ソファでも可能)に浅めに座る。目線は少し上を向ける。イスは脚が長いほど強度が低く、短いほど高くなる。

(2) 手を前に出しながら、5秒ぐらいかけてゆっくりと、膝の角度が45度くらいになるまで上がる。肩に力を入れず、膝が前に出すぎないように注意する。

(3) 5秒ほどかけてゆっくりと座る。

(4) (2)と(3)を7回繰り返す。7回目は(2)の動作をしたあと、イスに座るギリギリのところで7秒間、姿勢をキープする。

(5) 同様に(2)と(3)の動作を5回繰り返し(5回目は5秒キープ)、最後に3回(3回目は3秒キープ)繰り返します。合計15回スクワットをしたら終了。

 試してみると、短時間でできる割に体に大きな負荷がかかる、かなりきついエクササイズだとわかるはず。週に15分、きっちり体を追い込むというのがA.R.M.式スクワットのポイントです。

 これらのエクササイズによってヒップが上がり、胸板が厚くなったことで体型へのコンプレックスがなくなるとともに、引っ込み思案な性格から積極的な性格に変わったという竹村さん。本書では、今回取り上げたものの他にも様々なエクササイズが紹介されています。

 エクササイズやトレーニングは、始めるまではおっくうでも、効果が出始めると病みつきになるもの。肉体に衰えが見え、何となく憂鬱な人も、もう一度若かった頃の体型を取り戻したい人も、本書のエクササイズで「肉体改造」を始めてみてはいかがでしょうか。
(新刊JP編集部)

※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

体型コンプレックスを解消する! 週15分でできる充実エクササイズのページです。ビジネスジャーナルは、スキル・キャリア、スクワット健康筋トレの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事