NEW

BTS騒動が問う、植民地支配と原爆投下をめぐる日韓国民の歴史認識の隔たり

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BTS(防弾少年団)(写真:Mydaily/アフロ)

原爆Tシャツ」の着用や「ナチス風パフォーマンス」の披露が問題視され、テレビ番組『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)をはじめとして音楽番組への出演が取りやめになった、韓国の男性アイドルグループ「BTS(防弾少年団)」。11月13日、BTSの所属事務所が、公式ファンクラブのホームページ上に謝罪文を掲載した。米国を拠点とするユダヤ系人権団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター(SWC)」と被爆者団体・日本原水爆被害者団体協議会被団協は、この謝罪を受け入れた。

 今回の問題をどう見るか。上智大学文学部新聞学科の水島宏明教授から聞いた。

「『ミュージックステーション』は、『原爆Tシャツ』を着ていたからただちに出演を取りやめにしたということではなくて、BTSサイドと協議したらしいです。当事者の言い分を聞いた上での判断ということです。他の民放各局に関しては、日本特有の空気を読むという風習で、『テレ朝さんが出演取りやめにしたなら、それに倣えばいいのかな』となったのだと思います」

 レイシスト団体がBTSメンバーの「原爆Tシャツ」着用に関して、『ミュージックステーション』のスポンサーに抗議行動を煽っていたということもあった。

「そういうことがあったのだとしたら、影響はあったでしょうね。フジテレビが韓流ドラマを放送していた時にデモをかけられた際、表向きは『影響は受けていない』と言いましたが、実際には打撃を受けたわけです。それが、局だけでなくスポンサーにまで迷惑をかけてしまうということになれば、だったらやめておこうという心理は働きますね。『NHK 紅白歌合戦』の出演者にBTSが入らなかったことについては、NHKは『紅白』の選考基準を明らかにしていないので、当初からBTSが有力視されていたかどうかも含めてわかりません」

BTS問題と徴用工判決


『紅白』では、メンバーが従軍慰安婦を支援するメーカーのTシャツを着ていたということで、TWICEの出演も疑問視されていたが、出場者に選ばれた。日本国内でも議論になる際に争点になるのは強制連行の有無であり、従軍慰安婦の存在そのものを否定する声はきわめて少ない。戦時中の不幸な出来事であることには違いなく、元従軍慰安婦の方々を支援することは反日とはいえない。一方、原爆を是とする声は日本では皆無であり、反日か否かではなくヒューマニズムの問題ととらえられている。BTSが選ばれず、TWICEが選ばれたのは理に適っているという声もある。

BTS騒動が問う、植民地支配と原爆投下をめぐる日韓国民の歴史認識の隔たりのページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、BTSTWICE原爆Tシャツの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事