NEW

休むために働く? “「ワーク・ライフ・バランス」の達人”、ヨーロッパ人の働き方とは?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今すぐ、どっかへ Doccaより】

 近年、日本でも「ワーク・ライフ・バランス」が注目され、「仕事と生活の両立」を可能にするための議論や、「働き方改革」などの取り組みがなされるようになってきています。

 ところが、日本人の特徴として、不満があっても我慢してしまう傾向が強く、自分から進んで環境の改善を試みようと行動に移す人が少ないこともあり、現在においても満足のいく「ワーク・ライフ・バランス」は達成できていないのが現状といったところです。

 一方で、“「ワーク・ライフ・バランス」の先進国”と言われるヨーロッパですが、じつはそもそも「ワーク・ライフ・バランス」という言葉自体が存在していないそうなんです!

 もともと、仕事と生活のバランスを上手く取っている人が多いため、あえてこの言葉を使って働き方の改善に取り組む必要がないからだと言われています。

 では、そんなヨーロッパ人は普段からどんなライフスタイルを送っているのでしょうか?

 今回は、彼らが“「ワーク・ライフ・バランス」の達人”であることを証明する、ヨーロッパ人の「働き方」についてご紹介しましょう◎

休暇は仕事と切っても切り離せない関係


 ヨーロッパにおいて、「休暇」は理由もなく存在しているわけではありません。

 ヨーロッパ諸国の多くでは、健康を維持して仕事に取り組む環境を作るため、雇用主は社員に対して「きちんと休暇を取る義務」を課しています。

 たとえば、フランスやフィンランドでは40日の有給休暇があり、スウェーデンでは一般的に1年で5週間ほどの休暇を取る人が多いそうです。

 しかも、これらの休暇は「クリスマス休暇」や「イースター休暇」を除いた日数だというから驚きですよね!

 また、日本の有給休暇のように「取りたくても取れない……」というような雰囲気はまったくなく、逆に有給休暇は必ず消化するように、法律で保障されているんだとか。

続きは【Docca】で読む

休むために働く? “「ワーク・ライフ・バランス」の達人”、ヨーロッパ人の働き方とは?のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、ワーク・ライフ・バランス休暇働き方改革の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事