NEW

『あなたには渡さない』木村佳乃のベッドシーン「下着」事件が“物議”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
土曜ナイトドラマ『あなたには渡さない』|テレビ朝日」より
 料亭「花ずみ」の板長である萩原聖人をめぐり、元妻の木村佳乃と愛人の水野美紀が女同士の壮絶なバトルを繰り広げる連続テレビドラマ『あなたには渡さない』(テレビ朝日系)。11月24日に放送された第3話でもドロドロの展開が繰り広げられていたが、シリアスなシーンに似合わない木村の“キノコヘア”にツッコミが多発する事態となった。


 夫の上島旬平(萩原)と離婚し、その愛人である矢萩多衣(水野)から6000万円の借金をして新生花ずみの女将となった上島通子(木村)。経営は順調かと思われたが、ある日を境に客足が遠のいてしまった。

 原因がわからなかった通子だが、以前店を訪れた日本画家・大角六扇(横内正)によると、店を手伝っている堀口八重(荻野目慶子)と旬平の前の板長だった前田秀治(柴俊夫)はデキているから気をつけろ、とのこと。

 最初は信じられない通子だったが、実際に堀口が店の予約をキャンセルしていたことがわかると、通子は堀口を呼び出し、「姑を憎んでいる者同士、これからもうまくやっていきたい」と諭した。しかし、堀口は前田と別れて花ずみも辞めるという。

 一方、店では義父の愛人・鶴代(萬田久子)と矢萩が鉢合わせ。姑に邪険に扱われてきた鶴代はその恨みを通子にぶつけるものの、通子は毅然と対応するが、矢萩が「愛人が奥さんのもとに乗り込むなら、門前払いされるぐらいの覚悟で行かれたらどうです?」と食ってかかり、一触即発の状態に。

 しかし、これは経営難の花ずみを助けるための矢萩の戦略だった。その後、矢萩は通子に鶴代へ謝罪に行くように促し、取り入ってお客を紹介してもらうように仕向け、通子も素直に従う。

 そして、姑を敵視していた者同士として手を組んだ鶴代と通子。鶴代の紹介を受けた花ずみは開店当初の活気を取り戻しつつあったが、家庭では娘の優美(井本彩花)に「あたし、毎朝あんたの体がいら立ってるの感じてるんだから!」と言われるなど、親子関係は最悪の状態に陥っていた。

 そんななか、六扇に呼び出された通子は、椅子に座っているだけでいいということで絵のモデルを引き受ける。しかし、六扇は通子からあふれ出る色気に、服を脱いでほしいと言い出した。女を使って店を大きくしてきた姑とは同じになりたくない通子は必死で拒否し、雨のなか元夫の旬平が住む家に向かう。

 そこで通子は「私、今晩は一晩のあなたを6000万で買うつもりで来たんだから」と言うと、服を脱ぎ、旬平と激しく体を重ね合わせた。

 通子以外、主要な登場人物の全員が不倫経験者というとんでもない展開になってきたが、視聴者はガリガリにやせ細った木村の体に注目。妖艶なベッドシーンになるかと思いきや、細すぎる体に「木村佳乃の裸がガリガリすぎて……下着もなんか昭和っぽくて残念」「やせすぎだけど大丈夫か?」などの声があがっていた。

 さらに、その髪型にもツッコミが続出。当初から「キノコカットに着物は似合わない」と思っていたが、ネット上でも「女将のキノコ頭をなんとかしろ」「話はおもしろいのに髪型が変すぎて台無し」「ドラマに集中できない」などの声があがっている。

 予告では「泥棒猫への制裁!」ということだが、次回こそ通子と矢萩の修羅場が見られるのだろうか。楽しみに待ちたいと思う。
(文=絢友ヨシカ/ライター)

『あなたには渡さない』木村佳乃のベッドシーン「下着」事件が“物議”のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、あなたには渡さないテレビ朝日ドラマ木村佳乃水野美紀の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!