NEW

勝谷誠彦さんを蝕んだアルコール性の劇症肝炎 体を害するレベルの飲酒量とはどの程度なのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

勝谷誠彦さんツイッターより

 コラムニストの勝谷誠彦さん(57)が、アルコール性の劇症肝炎のため、尼崎市内の病院で急死した。公式サイトにて、「勝谷誠彦は、2018年11月28日午前1時48分、生まれ故郷の尼崎で57歳の生涯を閉じました。生前、応援していただきました皆さま、お世話になった皆さまに厚く御礼を申し上げます」と訃報が告げられた。

 勝谷誠彦さんは今年8月21日にアルコール性の劇症肝炎と診断され入院。自身の有料配信メールコラムで「腹痛と膨満感で、3分ほども座ってられない。まえ屈みだと、右脇腹に激痛が走る」と綴っていた。

 だが9月30日には、スタッフがツイッターで「奇跡的な復活が見えてきました」と活動再開を報告。10月9日に一時退院し、10月13日に14日放送のラジオ番組を収録した。

 「横断歩道みんなで渡れば怖くないと言いますが、僕の黄疸(横断)歩道は1人で三途の川を渡ろうとして、すごく怖かったです」とコメントしていた勝谷さん。兵庫県内で行われたイベントにも参加。その後、療養生活に入ったが、アルコール性の劇症肝炎のため緊急入院、帰らぬ人となった。

勝谷誠彦さんを蝕んだアルコール性の劇症肝炎 体を害するレベルの飲酒量とはどの程度なのかのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事