NEW

上沼恵美子批判のとろサーモン久保田だけじゃない!インスタで批判殺到した芸能人3人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
水原希子
 12月2日に放送された『M-1グランプリ2018』(テレビ朝日系)をめぐる、思わぬ“場外乱闘”が波紋を広げている。


 今年の『M-1』は霜降り明星が優勝を果たしたが、7位のスーパーマラドーナ・武智正剛が流したインスタグラムのライブ配信が問題となっている。動画では、昨年のM-1王者のとろサーモン・久保田かずのぶが泥酔した状態で「自分目線の、自分の感情だけで審査せんといてください」「そろそろもうやめてください」「お前だよ、一番、お前だよ。わかんだろ、右側のな!」と審査員席で一番右側に座っていた上沼恵美子への批判ととれる言動を繰り返しており、撮影していた武智も相槌を打っていたという。

 動画はすでに削除されているが、これがインターネット上で拡散され大炎上する事態となった。また、上沼は3日放送のラジオ番組『上沼恵美子のこころ晴天』(朝日放送ラジオ)で「私みたいな年寄りがあんなところにちょこんと座って偉そうにしてる場合じゃないんですよ。だから私は引退します、審査員を」と、長年務めてきた『M-1』審査員からの引退を宣言した。

 すでに、久保田と武智はツイッターでそれぞれ以下のように謝罪している。

「この度は私の不徳の致すところで、上沼恵美子さまに失礼極まりない言動をしてしまい申し訳ございませんでした。今後は二度とこのような事がないよう深く反省しお詫び申し上げます」(久保田)

「昨日の僕の醜態について、上沼恵美子さん、 M-1に携わる方々、すべての方々にお詫びしたいです。申し訳ございませんでした」(武智)

 しかし、賞レースの審査に疑問を呈した上に大御所の先輩へ罵声を浴びせたことに対して、ネット上では「ダサすぎるし単純に不快」「もう何をやっても笑えない」「M-1の看板に傷をつけたし、番組を汚した」と批判の声が相次いでいる。

 今後もお笑い界を巻き込んだ騒動に発展しそうだが、“火元”がインスタライブというのはソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)全盛の今だからこその現象といえる。この2人以外にも、インスタでの投稿が物議を醸してしまった芸能人は少なくない。

大島優子、野村周平もインスタ投稿で騒動に


 同じくインスタライブで大炎上し謝罪に追い込まれたのは、元AKB48の大島優子だ。2017年6月の「第9回AKB48選抜総選挙」開票イベントで20位にランクインした須藤凜々花が「結婚します」と発言し、ファンから怒りの声が続出。その際、大島はインスタライブで「何考えてんのかしら」「なんでもありなんですね」と発言し、「この帽子がきっと、私のすべての言葉だと思うの」と「F」で始まる4文字のスラングを示したことで、「さすがに下品」「行動が軽率すぎる」と須藤以上に大炎上した。そして、「インスタ動画で不適切なコメントをして申し訳ございませんでした」と謝罪する事態になった。

 ちなみに、このときは高橋みなみもトークライブアプリの755で「ないな」と切り捨て、ツイッターでは「あの事で 酒が進むなー 今日は飲むぞーーーーー」と意味深な発言をしていた。それらに対して、有吉弘行がラジオ番組『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(JFN)で「OBとかOGが学校来て文句言うのが一番うざったいよね」「『私たちの時代は』とか、言い始めたら終わりだよ」と苦言を呈するなど、アイドル論に発展した。

 俳優の野村周平も、インスタグラムへの投稿が原因で思わぬ騒動に巻き込まれた。今年8月、野村は手にタバコらしきものを持った自身と男性2人がカメラ目線で映っている写真を投稿すると、コメント欄やネット上に「考え直せ」「印象が悪くなる」といった批判の声が噴出した。

上沼恵美子批判のとろサーモン久保田だけじゃない!インスタで批判殺到した芸能人3人のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、M-1グランプリSNSとろサーモンインスタグラムスーパーマラドーナ久保田かずのぶ大島優子武智正剛水原希子炎上野村周平の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事