ビジネスジャーナル > ITニュース > ネット炎上犯の共通点…正義感の罠  > 2ページ目
NEW
石徹白未亜「ネット依存社会の実態」

ネット炎上を起こす人たちの共通点…浮かび上がる「正義感」「高収入の男性」

文・構成=石徹白未亜/ライター
【この記事のキーワード】, , ,

ネット上は「法治国家ではあり得ない状態」

――特に企業へのクレームなどでは、炎上は“やったもの勝ち”になりがちですよね。聞く耳を持たずに吠え続け、相手がうんざりしていなくなる……の繰り返しであり、いわばゴネ得ですよね。

山口 そうですね。たとえば、ある店で、本人の落ち度が原因で従業員に注意された消費者がいたとします。そこで、腹いせに、自分の落ち度の部分は一切隠して「こんなひどい店なんだ」と「食べログ」などに書くこともできてしまいますよね。

「その人が社会的に退場するまで攻撃をし続ける」というのが炎上の実態ですが、これはリンチ(私刑)であり、法治国家ではあり得ないことです。しかし、今は炎上対象者の個人情報などが当たり前のように拡散されてしまっています。

 実際、炎上がきっかけで学校を退学に追い込まれたり、就職や結婚が取り消しになったりするケースもあり、その人の人生に大きな影響を与えてしまっています。

――「就学、就職、結婚がずっとできない」というのは、その人を社会的に「生きるな」と言っているようなものですよね。

山口 一方で、無実や濡れ衣の場合は別ですが、炎上の対象者としては「悪いことをしてしまった」という意識があるので、訴える方向にはなかなかいけません。もし訴えようものなら、さらなる批判や炎上につながるのは目に見えているからです。加えて、裁判費用の問題もあります。そのため、度を超えた私刑であっても法的な対処ができずに当事者は泣き寝入りするしかなく、“炎上させたもの勝ち”になってしまう……というのが今のネットの状況です。

――このあたりの問題についても、前回の取材時から状況が変わらず、もどかしいですね。

ネットユーザーがハマる“正義感”の罠

 炎上は「正義感」から――。そんな独りよがりの正義感に、残念ながら私も心当たりがあった。私は駅伝を見るのが好きなのだが、駅伝の解説でメインを務めることの多い増田明美氏の、競技とまったく関係ない選手のプライベートを伝える解説が苦手だ。

 全日本大学駅伝の当日に、この不満をツイッターでつぶやいたところ、明らかに日頃のツイートよりも見る人が多く(おそらく、「#全日本大学駅伝」で検索したのだろう)、それで調子づいたこともあり、数回関連のつぶやきをした。そのとき、頭の中にあったのは「これは世直しであり“聖戦”である(間違っているのは増田氏の解説と増田氏を重用するマスコミだ)」という、強い正義感だった。そして、つぶやけばつぶやくほど、その正義感は燃えたのだ。

 しかし、「好きなこと」や「得意なこと」ではなく、「許せないこと」に心血と情熱を注ぐ生き方は不毛だし、健康的でない。そんな行為を続けている「クソ上司」と「無敵の人」は、自分の心や人生を自ら荒廃させているようなものであり、毎日がんばってセルフネグレクトをしているともいえるのではないだろうか。

 最終回となる次回は、引き続き山口氏に「炎上はどう対策すればいいか」などについて話をうかがう。
(文・構成=石徹白未亜/ライター)

石徹白未亜/ライター

石徹白未亜/ライター

ライター。得意分野はネット依存・同人文化(二次創作)・ファッション。ネット依存では自身の体験をもとに書籍『節ネット、はじめました』(CCCメディアハウス)を執筆、NHK『ハートネットTV』、フジテレビ『バイキング』、朝日新聞、週刊文春等メディア出演多数。個人に向けたスタイリストとしても活動しており、著書に男性スーツ本『できる男になりたいなら、鏡を見ることから始めなさい。』(CCCメディアハウス)。ユニ・チャーム株式会社でのスーツ着こなしセミナーなど、ファッション研修も多くの実績あり。おうち大好きインドア派。同人誌と串揚げとしめさばとビールで生きてます。
●「主なプロデュース作品
『何になりたいかわからないけど就活を始めるあなたへ まず自己分析をやめるとうまくいく』辻井啓作(高陵社書店)
『自分のイヤなところは直る! 』牧野秀美(東邦出版)
『英語がサクッと口から出る 英語の「筋トレ」4センテンス繰り返しCDドリル 初級編 』渡部泰子(主婦の友社)

Twitter:@zPvDKtu9XhnyIvl

『炎上とクチコミの経済学』 科学的データが常識を覆す。炎上も、クチコミも科学的に見れば、「情報拡散」という同じ現象の表と裏なのである。炎上を過度に恐れずに、ビジネスでソーシャルメディアを最大活用する方法! 完全炎上対策マニュアル付き。 amazon_associate_logo.jpg
『節ネット、はじめました。 「黒ネット」「白ネット」をやっつけて、時間とお金を取り戻す』 時間がない! お金がない! 余裕もない!――すべての元凶はネットかもしれません。 amazon_associate_logo.jpg

ネット炎上を起こす人たちの共通点…浮かび上がる「正義感」「高収入の男性」のページです。ビジネスジャーナルは、IT、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

RANKING

5:30更新
  • IT
  • ビジネス
  • 総合