NEW

『あなたには渡さない』今期最も目が離せないドラマ!ネット総ツッコミ祭り大盛り上がり!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
土曜ナイトドラマ『あなたには渡さない』|テレビ朝日」より
 女優の木村佳乃が主演を務める連続テレビドラマあなたには渡さない』(テレビ朝日系)の第4話が12月1日に放送された。


 料亭「花ずみ」の板長である上島旬平(萩原聖人)をめぐり、元妻の上島通子(木村)と愛人の矢萩多衣(水野美紀)が女同士の壮絶なバトルを繰り広げるはずだったが、第4話では旬平が矢萩と再婚していることが発覚。「あなたには渡さない」はずが早々と奪われてしまう展開に「マジかよ」「脇が甘すぎ」「ツッコミまくってる間に終わってしまった」などの声が続出した。

 今回もツッコミどころ満載の展開だったが、まず触れるべきは元仲居の堀口八重(荻野目慶子)が血まみれで花ずみに駆け込んできたシーンだろう。花ずみで働いていたとき、ライバル店「勝浪」の板長・前田秀治(柴俊夫)のスパイとして店の予約をキャンセルしていた堀口。その償いとして、今度は前田を裏切ったわけだが、それが前田にばれた上に痴情のもつれから刺してしまったという。

 通子は激しく動揺することもなく、堀口を奥の部屋に連れて行き話を聞くが、このときも店は営業中。つまり、多くの客がいるところに男を刺した血まみれの女が飛び込んできたわけだ。経営が苦しいから多くの常連客がほしいと考えておきながら、これでは噂が噂を呼んで客足が遠のくのも時間の問題だろう。むしろ、次の日から客がゼロになってもおかしくはない。

 唐突に始まったサスペンス展開よりも視聴者が気になったのは、堀口の登場の仕方だった。「飛び込み方がホラー&コメディ」「コント並みの倒れ具合で笑った」「演技が古臭くて逆に良い」などと盛り上がりを見せていた。

 そんなドタバタの翌日、1000人分のお弁当をクルマで配達する通子のところに、幼馴染でいつも通子のことを気にかけてくれる笠井総合建設社長・笠井芯太郎(田中哲司)が登場する。そして、寝不足の通子に代わって運転を引き受け、結局は1日付き合ってくれたわけだが、視聴者からは「また来た!」「笠井さん暇なの?」というツッコミが続出。確かに、いつも通子がピンチのときに現れてはいろいろと手伝っていくが、社長業はどうしているのだろうか。

 その上、帰りの車中では「僕は本気でみっちゃんを自分のものにしたいと思っている。一晩だけでいいから」「夢で君を抱いた」などと言い出す始末。これには「口説き文句がクソ」「夢で抱いたってキモすぎ!」という悲鳴があがり、通子に対しても「なんでこんなこと言われて冷静なの?」「ニコニコ話せる神経がわからない」といった反応があった。

 さらに、笠井の「一晩の浮気が発覚して先月離婚し、幼い子どもは妻が引き取った」という設定にもツッコミが続出。というのも、演じる田中は妻の仲間由紀恵との間に6月に双子が誕生したばかり。さらに、過去には浮気が報じられたこともあるため、「リアリティありすぎて笑えない」「何これドキュメント?」「仲間由紀恵がチラつく」「こんなセリフよく言わせたな」と波紋を呼んでいた。

 第5話の予告では笠井が矢萩に言い寄るシーンもあり、笠井は矢萩や堀口以上にクセモノのようだ。一方、通子は資金繰りのツテでもあった日本画家・大角六扇(横内正)には死なれてしまい、登場人物すべてに裏切られている。予想を超えることばかりが起きるため、この先の展開も未知数だ。次回も目が離せそうにない。
(文=絢友ヨシカ/ライター)

『あなたには渡さない』今期最も目が離せないドラマ!ネット総ツッコミ祭り大盛り上がり!のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、あなたには渡さないテレビ朝日ドラマ木村佳乃水野美紀の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事