NEW

『今日から俺は!!』が『下町ロケット』を視聴率逆転の“事件”発生の可能性も!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 12月9日放送の連続テレビドラマ今日から俺は!!』(日本テレビ系)第9話の平均視聴率が自己最高の10.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったことがわかった。主演の賀来賢人をはじめ、個性的な俳優陣が演じる“ツッパリ”たちのケンカ物語は、最終回を目前にして盛り上がりを見せている。

 同日放送の『下町ロケット』(TBS系)は平均視聴率12.6%で1.8ポイントの差があるが、『今日から俺は!!』がこのまま勢いに乗って次回の最終回でさらに視聴率が上昇すれば、逆転の可能性もあるだろう。

 原作は漫画家・西森博之氏の同題コミック。賀来は、軟葉高校への転校を機にツッパリ化した“金髪パーマ”の主人公・三橋貴志を演じ、“トンガリ頭”の伊藤真司(伊藤健太郎)と共に他校のヤンキーたちとバトルを繰り広げる。第9話では、ついにケンカ最強校・開久高との全面戦争が勃発した。

 三橋&伊藤がその強さで頭角を現すなか、開久の相良猛(磯村勇斗)は自分たちが舐められることに我慢ならなくなっていた。また、開久の番長・片桐智司(鈴木伸之)が腰を上げないことにもいら立ちが募っていた相良は、クーデターを起こす。片桐から番長の座を奪うと、相良は開久のヤンキーを引き連れて軟高に押しかけた。三橋と伊藤は、その後もさまざまな作戦を仕掛けられ、ついに開久に乗り込む……という内容だった。

 同ドラマには、三橋や伊藤をはじめとした“愛嬌のあるヤンキー”が大勢登場するが、相良は見た目も中身もなかなか凶悪である。そんな相良に2人が立ち向かう展開に視聴者が盛り上がらないはずはなく、ネット上には「カッコよかった!」「次で終わりなんて寂しい」といった書き込みが続出。放送前は“爆死ドラマ”と予想する声もあったが、最終回の視聴率にも期待ができそうだ。

 一方、今回は片桐と伊藤のタイマンも注目を浴びた。片桐役の鈴木は劇団EXILEの人気メンバーで、今期は同じく日テレ系の連ドラ『PRINCE OF LEGEND』でも“ヤンキー王子”こと京極尊人を演じていた。なんだかヤンキーづいている鈴木だが、確かにその肉体は「強靭」な印象。顔だけ見ると「さわやかな好青年」なので、ムキムキなボディとのギャップがすごい。まぁ、それをいえば相良役の磯村も、2017年のNHK連続テレビ小説『ひよっこ』では、めちゃくちゃさわやかな見習いコック・前田秀俊を演じていた。相良の“極悪フェイス”を見ると同一人物とは思えないので、『今日から俺は!!』には演技派の役者が集まっているのだな、と感心する。

 話が逸れてしまったが、片桐は相良に騙され、伊藤を袋叩きにしようとしていた。しかし、不利な状況でも“反則”はしない伊藤の姿に、片桐はタイマンを持ちかけ、最後は自分の負けを認める。さらに、片桐が相良よりも伊藤を「信じる」と言い出したシーンには、ネット上の視聴者も「感動した」「いい男だ」「伊藤ちゃんを信じてくれてありがとう」などと胸を熱くしていた。

 そして今回、三橋が持ち前の“卑怯っぷり”で相良を倒すことに成功したものの、最終回はヤンキー同士の闘争という枠を超え、ヤクザが登場する大ピンチが予告されている。三橋と伊藤の運命はいかに……。
(文=美神サチコ/コラムニスト)

『今日から俺は!!』が『下町ロケット』を視聴率逆転の“事件”発生の可能性も!のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事