NEW
成馬零一「ドラマ探訪記」

NHK『昭和元禄落語心中』は見事である…ドラマと落語の二重構造に成功

文=成馬零一/ライター、ドラマ評論家
【この記事のキーワード】, , , ,

昭和元禄落語心中』はもともと、原作漫画が高く評価されており、アニメ版も高い評価を獲得していた。その意味でドラマ化については相当のプレッシャーがあったと思うが、見事な人間ドラマとなっている。

 落語を題材にしたドラマがおもしろいのは、ひとつは落語家たちの、師匠と弟子の関係や兄弟子と弟弟子の関係がドラマの題材としてつくりやすいからだろう。

 また、落語の演目を本編にからめることでドラマが重層的になる。『昭和元禄落語心中』も、「寿限無」「芝浜」「品川心中」「死神」といった落語の演目と菊比古たちの物語が二重構造となっており、落語を知っていれば知っているほど楽しめるものとなっている。

 これは『タイガー&ドラゴン』や『ちりとてちん』にもあるドラマ構造だ。もちろん、落語を知らなくても濃密なドラマを楽しめ、逆にドラマを観て落語に興味を持つという効果もある。『タイガー&ドラゴン』が落語ブームを呼ぶきっかけとなったのは、ドラマ自体が落語を紹介する構造となっていたからだ。

 そして、何より落語の精神自体がテレビドラマと相性がいいのだろう。TBSでドラマ化もされた立川談春の自叙伝『赤めだか』(扶桑社)には、師匠の立川談志の言葉が多数登場する。談志は、落語はほかの芸能とはまったく異質のもので、『忠臣蔵』で言えば討ち入りに参加した赤穂四十七士の英雄譚ではなく、討ち入りに参加せずに逃げちゃった人々の側を描いた物語なのだ、と語っている。

「落語とは人間の業の肯定である」という立川談志の有名な言葉があるが、これは戦後日本のサラリーマンや家族といった庶民の物語を描き続けてきたテレビドラマにも当てはまる。もしかしたら、テレビドラマは現代の落語なのかもしれない。
(文=成馬零一/ライター、ドラマ評論家)

情報提供はこちら
RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合