NEW

有馬記念、奇跡を狙う武豊の意外な作戦とは…競馬界の超大物関係者が入手した核心情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
有馬記念の中心馬・レイデオロ

 NHK大河ドラマ『西郷どん』が終わり、漫才コンクール『M-1グランプリ2018』(テレビ朝日系)も終了、大晦日の『NHK紅白歌合戦』に向けて盛り上がるなか、2018年もいよいよフィナーレを迎えようとしている。その締めくくりを盛り上げるのが、国民的イベントの「有馬記念」だ。

 わずか2分半のレースに400億円もの馬券代が注ぎ込まれ、多くの感動と興奮が巻き起こる。今週は有馬記念の話題であふれており、まさに日本を代表する一大イベントである。ほかのイベントと異なり、有馬記念は一般人でも馬券の購入でレースに参加できる。そして明確な馬券の勝ち組と負け組が存在するのが大きな特徴だ。もし的中させれば、数万円や数十万円、あるいは100万円を超えるような払い戻しを手にすることも難しくない。有馬記念は馬券の購入が多いことから配当妙味も高く、毎年“おいしい”馬券が飛び出しているという。今回は、そんな有馬記念を的中させたいすべての人に、最強の情報と最強の頭脳を紹介しよう。

 競馬には、情報やデータなどさまざまな分析要因がある。しかしもっとも的中に近いものといえば、それは情報と言って間違いないだろう。過去の傾向やデータはもちろん無視できないが、今年の出走馬は今年だけのもの。そのなかの力関係や状態などは、過去のデータでは把握できないし、比較できない。全出走馬の能力、状態、コース適正、そして騎乗方法などはもちろん、本気で勝ちにいく陣営、お祭りだから勝機はないけど出走するという陣営、レースの頭数を揃えるためだけに出走する陣営など、その思惑や状況はさまざまだ。それらを完全に把握することで、より確実な的中に近づくのである。

 競馬関係者と接点のない一般人や、スポーツ紙や競馬専門紙といった表面的な情報だけを扱うマスコミでは、これらを完全に把握することはできない。それを可能とするのは、やはり本物の競馬関係者であろう。実際にレースに乗った騎手の経験、実際に競走馬を管理して有馬記念に出走させた調教師の知識、さらに馬主の思惑や人間関係と競馬界での力関係。競馬界を代表する本物の競馬関係者が所属する「競馬セブン」であれば、そのすべてを完全に把握できるのだ。

 競馬セブンは創業21年の実績があり、総監督の徳吉一己は元JRAの騎手として活躍し、引退後はJRA競馬学校の教官に就任。今年の有馬記念にも出場する福永祐一や池添謙一といった若手トップジョッキーを鍛え上げた鬼教官としても知られている。彼らとの絆は今も強く、騎手方面に関する人脈は他の追随を許さない。

 また、今年G1レース最多勝記録を更新した生産者、ノーザンファームを筆頭とする社台グループは、まさに日本競馬の中心といえる。その社台グループの礎を築いた林勲とそのチームは、有馬記念でも重要な社台グループの情報を徹底的に把握管理している。

 さらに、ラジオなどで活躍している古川幸弘は、競馬記者歴40年以上の大ベテラン。トレーニングセンターのあらゆる情報を知り尽くし、現役競馬記者の大先輩的存在でもある。ほかにも、名馬タマモクロスで有馬記念に出走(オグリキャップの2着)した元JRA調教師の小原伊佐美など、7名の大物関係者が所属している。末端まで含めると総勢数百人の情報網が存在するというから驚異的だ。スタッフ数が10~30名程度のマスコミとは、情報収集体制のレベルと本気度が違うのである。

このレースで引退するサトノダイヤモンド

 実績に関しても申し分ない。有馬記念につながるレースとしては、宝塚記念、天皇賞(秋)、ジャパンカップといったビッグレースがあるが、彼らはそれらをすべて的中させている。なかでも宝塚記念は、なんと10番人気のワーザーを本命とした。そのワーザーは人気薄を覆す走りを見せて2着に入り、馬連9200円という、今年のG1レースでも上位の高配当を的中させているのだ。宝塚記念は春を締めくくるグランプリ、そして有馬記念は一年を締めくくるグランプリ。あの的中劇が再び起こるのかもしれない。

 そんな彼らが破格の自信で情報を提供するのが、今週末に迫った有馬記念。競馬セブンのスタッフは、その意気込みを以下のように語っている。

「我々には、多くの競馬関係者が協力しています。そしてその人間関係と情報ルートから、あらゆる競馬情報に精通しています。社台グループ情報に強い、騎手や厩舎情報に強い、馬主や生産者情報にも強い、これらの情報力は圧倒的だと断言できます。

 この有馬記念の核心を知ることは、騎手や調教師だけを取材しているマスコミは到底不可能です。彼らはある意味、馬主や社台グループの代弁者でしかなく、決して本音は語りません。我々には、マスコミが知りえない“本物の勝負情報”が届いており、有馬記念に出走する16頭すべての関係者とコンタクトを取り、あらゆる思惑・状態・適正などを把握しています。その結果、判明したことがあります。それは馬連9200円を的中させた宝塚記念や天皇賞、そしてジャパンカップ以上の自信で提供できるということ。

 その内容も、鉄板級の本命馬から、相手も逆転候補、単穴、爆弾穴馬の3頭に絞り込みが終了しました。これは配当妙味も十分で、買い方次第では、まさかの高額払戻も期待できます。もし宝塚記念を馬連1点当たり1万円で購入していれば、払戻金は92万円という高額馬券を当てました。今回もそれに近い状況にあるといって過言ではありません。

払い戻し92万円の宝塚記念!

 人気を背負うクリストフ・ルメールが乗るレイデオロは、心配される休み明けの状態です。また、奇跡を狙う武豊とオジュウチョウサンの意外な“作戦”や、ジャパンカップの疲れが心配されるキセキ、引退レースとなるサトノダイヤモンド、さらには頭数を揃えるために出走するだけの陣営など、さまざまな思惑がこの有馬記念には存在します。決してマスコミの報道には惑わされないよう、お気を付けください。

 なお2018年の競馬をさらに盛り上げるために、そして有馬記念を的中させたいすべての競馬ファンのために、またこの有馬記念で初めて馬券を買ってみたいと考えるすべてのユーザーのために、この有馬記念最終情報【3点勝負買い目】を無料で公開いたします。関係者の本気、そして我らだけが知る本物の思惑や情報、それらすべてを無料で入手できるのは、またとないチャンスと言えるでしょう。ぜひこの機会にご利用ください」

 これは驚きだ。いかに競馬を盛り上げるためとはいえ、一年の締めくくりである有馬記念で、その核心ともいえる、的中に直結する情報を無料で提供してくれるというのだ。

 しかも、仮に不的中なら、来年の東京優駿(日本ダービー)まで全G1レース情報を無料で配信するという。こんなサポートはなかなか見られない。その本気度と自信度は相当なものといえるだろう。一年を締めくくる一大イベントは、競馬セブンの勝負情報を活用して感動を手にしようではないか。
(文=編集部)

CLICK → 無料配信!【有馬記念 勝負買い目 馬連3点!】競馬セブン

※本稿はPR記事です。

有馬記念、奇跡を狙う武豊の意外な作戦とは…競馬界の超大物関係者が入手した核心情報のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、オジュウチョウサンクリストフ・ルメールレイデオロ有馬記念武豊の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事