NEW

積水ハウス、首脳人事抗争が激化…地面師詐欺にあっさり騙された“間抜け”社長

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
積水ハウスの本社がある梅田スカイビル(「wikipedia」より)

 積水ハウスの阿部俊則会長は、地面師詐欺事件の捜査の進展状況を固唾を飲んで見守っている。詐欺師グループが全員立件され捜査が終結すれば、社内で阿部氏の経営責任が再浮上してくるのは避けられないからだ。当時の実力会長だった和田勇氏をクーデターで追い落とした阿部氏が、会長の座を追われることになりかねないのである。

 警視庁捜査2課は10月16日、東京・品川区の土地取引をめぐり、積水ハウスが地面師グループの詐欺被害に遭った事件で、地主のなりすまし役だった羽毛田正美容疑者ら男女8人を偽造有印私文書行使容疑で逮捕。1カ月後、積水ハウスから63億円を詐取した詐欺容疑で再逮捕した。

 その後も逮捕者が相次ぎ、主導役2人を含む15人を逮捕したが、主犯格の1人であるカミンスカス操こと旧姓・小山操は取り逃がした。地面師とは、土地の所有者になりすまして無断で売買し、代金を騙し取る詐欺師のことである。

地面師詐欺グループに手玉に取られた積水ハウス

 事件の舞台になったのは、東京・品川区五反田の廃業した旅館「海喜館(うみきかん)」の跡地、約2000平方メートル。JR五反田駅から徒歩3分の好立地だ。

 社外監査役と社外取締役の4人でつくる「調査対策委員会」の報告書からは、マンション建設を目指して取引を急ぎ、さまざまな警告を無視して土地取得に突き進んだ実態が浮かび上がってくる。

 報告書によると2017年3月末、積水ハウスの営業担当者が私的な会合で知り合った仲介業者の男から売買話を持ちかけられた。

 当時社長だった阿部氏の現地視察と決済を経て、わずか1カ月後の17年4月24日、「所有者」らと顔を合わせた場で売買契約を結び、仮登記が完了した。積水ハウスは70億円で土地を購入し、数百戸のマンションを建設する計画だった。

 しかし、所有者になりすました羽毛田容疑者は、土地の権利証のカラーコピーを見せるだけで原本を示さず、打ち合わせの際に自分の住所や誕生日を間違えた。契約後の5月上旬には、土地所有者本人を名乗る人物から「売買契約はしていない」「別人との取引は無効」との複数の内容証明郵便が届いたが、積水ハウスは「怪文書」とみなして無視した。

積水ハウス、首脳人事抗争が激化…地面師詐欺にあっさり騙された“間抜け”社長のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、, , , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事