NEW

韓国でフェミニストが、米国でグーグルが テクノロジー業界にも押し寄せる“#MeTooムーブメント”の波

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

Thinkstock/Photo by DragonImages

 2018年は、「#MeTooムーブメント」に代表されるような、女性に対する性暴力や性差別にあらためて注目が集まった1年となった。性差による偏見や、男性中心主義的な価値観から生まれる女性の社会的立場の弱さは、世の中のあらゆるシーンで、実にさまざまな形で表出している。なかでも問題が深刻化しているのが、「テクノロジー業界」である。

 2017年に米国で行われた調査によれば、同国のソフトウェア開発者(AIなどもソフトウェアに含まれる)の85.5%が男性であることが明らかにされている。テクノロジーのメッカであり、先進的なイメージがあるシリコンバレーでさえも男性中心的な文化がまん延しており、そのため「Siri」に代表されるようなAIアシスタントなど新しいテクノロジーにも、男女の不公平を助長する側面があるとの指摘が、各国フェミニストや識者から相次いでいるのだ。

韓国でフェミニストが、米国でグーグルが テクノロジー業界にも押し寄せる“#MeTooムーブメント”の波のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事