正解のないWEBマガジン~wezzyより】

PayPayで100億円を使ったソフトバンク孫正義氏の勝負勘の画像1出典:PayPay株式会社HP

 スマホキャッシュレス決済のPayPay(ペイペイ)による「100億円あげちゃうキャンペーン」が、終了した。

 PayPayはソフトバンクとヤフーが共同で立ち上げたQR決済サービスだ。消費者は、無料でアプリをダウンロードして、店頭でスマホをかざし、QRコードを読み取るだけで決済ができる。

 「100億円あげちゃうキャンペーン」の中身は驚愕だ。利用額の20%がキャッシュバックされる上に、40回に1回の確率で利用全額(上限10万円)がキャッシュバックされるという、まさに大判振舞のキャンペーンだった。

 キャンペーンは通常、予定期間いっぱい行われる。ところが「100億円あげちゃうキャンペーン」は、2018年12月4日から2019年3月31日までの予定だったが、開始からわずか9日後の12月13日に終了が宣言された。キャンペーン資金の100億円がまたたく間に枯渇したからだ。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ