NEW
梅原淳「たかが鉄道、されど鉄道」

高輪ゲートウェイ駅なんて序の口?日本全国の“やたらと駅名が長い駅”リスト!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
図=編集部

 JR東日本は2020年の春、山手線・京浜東北線の田町-品川駅間に新たな駅を開設する。駅名は公募され、2018年12月4日に同社は「高輪ゲートウェイ」という駅名に決定したと発表した。

 この駅名は筆者が見聞きした限りでは大変評判が悪い。「地名を無視している」「地名と外来語との組み合わせが格好悪い」という意見が主なものだ。
 
 そもそも、JR東日本に寄せられた6万4052件の応募のうち、もっとも票を集めたのは駅周辺の地名をそのまま名付けた「高輪」であり、高輪ゲートウェイではなかった。首位でないどころか、高輪ゲートウェイは36票しか得られず、全体の順位も130位にすぎない。一方で首位「高輪」の得票数は8398件と、票全体の13パーセントを占めるほどの人気ぶりが際立つ。駅名の最終的な決定権はJR東日本にあるとはいえ、公募の結果をあまりに無視していると受け取られた点も、より批判的な見方が高まった要因であろう。

 駅名に用いられている文字が8文字、かなで記すと10文字と多い点も、高輪ゲートウェイという駅名があまり支持を得られない理由の一つだ。この名称は、新駅の周辺にJR東日本が中心となって新たに開発される新都市の名称ともなるらしいから、やむを得ない面は確かにある。とはいうものの、駅を日常的に利用するとなるとやはり面倒が生じてしまう。恐らく多くの人々は言いやすいように「高(たか)ゲー」と略して呼ぶのであろうし、JR東日本もスペースの制限が厳しい電車の行先表示器などには「高輪G」と表記するかもしれない。

 さて、全国の鉄道の駅、停留場で最も長い駅名はなんであろうか。2018年3月31日現在のデータをもとに、かなで記した文字の多さ、そして駅名に用いられている文字の多さの順に紹介していこう。

かなにすると24文字

 まずはかなで記した文字数だ。全国一は富山地方鉄道の呉羽線という路面電車に設けられた富山トヨペット本社前(五福末広町)停留場で、かなにすると「とやまとよぺっとほんしゃまえごふくすえひろちょう」と24文字にも達する。富山トヨペットの本社の所在地は富山県富山市五福末広町1238番地だ。つまりは地域の目印となる会社名、そしてその会社が立地する町名とを組み合わせたといえるであろう。

高輪ゲートウェイ駅なんて序の口?日本全国の“やたらと駅名が長い駅”リスト!のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事