NEW

「マジ最悪」「まるでラブホか収容所」と話題の「おふろcafe」に行ったら壮絶な光景だった

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ハンモックカフェ、寺カフェ、ガンダムカフェ、プラレールカフェ……。こんな一風変わった「○○カフェ」が増えている。それらに共通するのは、単にコーヒーを飲んでひと休みするだけではなく、「体験」を提供することだ。

 こうした体験型カフェのなかでも、特に若い男女の人気を集めているのが「おふろcafe utatane」(以下、おふろcafe)だ。前身はスーパー銭湯で、露天風呂付きの大浴場からあがると、ドリンクバーが設置された共有スペースでくつろぐことができ、マンガや本が読み放題。さらに、おしゃれなカフェやリラクマッサージ店が併設され、宿泊も可能だという。

 ところが、インターネット上の口コミを見てみると、なぜか利用客からは「最悪だった」と不評のオンパレード。利用したことのある女性の友人に聞いても、やはり「マジで最悪だった! 行かないほうがいいよ」との忠告を受けた。

 いったい、何が残念なのだろうか。実際に訪れてきた。

10~20代の若者であふれ返り満員電車状態


 おふろcafeは、都心から離れた埼玉県さいたま市にある。立地からして利便性が高いとはいいがたく、JR大宮駅から「ニューシャトル」と呼ばれる埼玉新都市交通伊奈線に乗り換えて1駅目の鉄道博物館駅で下車。さらに、そこから国道沿いを10分ほど歩いて、やっと到着する。

 当日は小雨が降っていたものの、祝日だったこともあり、駐車場はほぼ満車状態。おそらく、近隣からクルマで来る利用客も多いのだろう。

「おふろcafe utatane」の暖簾がかけられた外観は、一見するとごく普通のスーパー銭湯と変わらない。入口には「館内状況のご案内」という看板があり、施設内の混雑具合がひと目でわかるようになっている。それを見るとかなり混んでいるようで、やはり人気を集めているのは間違いなさそうだ。


 しかし、中に入ると想像以上の混雑ぶりに度肝を抜かれた。とにかく人、人、人! それも、一般のスーパー銭湯では家族連れや中高年の利用客が多いが、ここは10~20代の若者だらけなのだ。施設内はおそろいの館内着をまとった若者であふれ返っていて、“詰め込まれている感”が尋常ではない。人気なのはわかるが、まるで満員電車だ。

 また、スタッフのホスピタリティのレベルも低かった。というのも、「初めての利用」と伝えたにもかかわらず、受付で説明されたのは「大人1260円」の料金と「この場所で館内着に着替えてください」ということのみ。あまりの混雑ぶりに、もはや一人ひとりの客に丁寧に対応していられないのだろう。

 しかも、館内着に着替えようと思っても、ほとんどのロッカーがすでに使用されていて、空きを探すのにもひと苦労だった。事前に「ロッカーが空いてない場合があります」という絶望的なアナウンスを受けてはいたものの、着替えるだけでこんなに苦労するとは思わなかった。

 ちなみに、入館時にはバーコード付きリストバンドを渡され、食事や施設内のサービスの料金と併せて、後でまとめて精算するシステムとなっている。

「マジ最悪」「まるでラブホか収容所」と話題の「おふろcafe」に行ったら壮絶な光景だったのページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、おふろcafeカフェの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事