NEW
木村隆志「現代放送のミカタ」

『下町ロケット』“最終回詐欺”批判を恐れない自信と矜持…勧善懲悪とは異なる世界観

文=木村隆志/テレビ・ドラマ解説者、コラムニスト
【この記事のキーワード】, ,

 逆にいえば、「『下町ロケット』が嫌い」という人は、その視聴者を誘導するような脚本・演出が肌に合わず、しらけてしまうのだろう。『下町ロケット』がファンを引きつけているのは、ハラハラドキドキや意外性ではなく、「イメージ通りになった」という安心感。「ある程度、展開がわかっていて応援できる、涙を流せる」という意味では、「映画の応援上映」に似た感がある。

正月にふさわしい時代劇風ドラマ

 特別編も、「ランドクロウ」の売り上げが伸びない、的場がさらに強引な手段に出る、重田も負けじと猛反撃、殿村が再び自然災害に襲われるなど、波乱含みという。

 一方、軽部真樹男(徳重聡)との絆が育まれた佃製作所は盤石。「週刊少年ジャンプ」(集英社)の三大原則「友情・努力・勝利」に置き換えると、「友情」「努力」はほぼ見せ切っただけに、最後は一丸となった姿を見せて「勝利」を得るのみだろう。正月というおめでたい時期に、どんな大団円を見せてくれるのか、期待していいはずだ。

 かつて、正月のテレビ番組には時代劇がつきものだった。『下町ロケット』を手掛ける伊與田英徳プロデューサー×福澤克雄監督のドラマは、「けれんみあふれる勧善懲悪」「男たちが熱く戦う物語」という特徴から、よく「時代劇に似ている」と言われる。

 もし『下町ロケット』の特別編が結果を残したら……伊與田×福澤が手がける秋ドラマの特別編が、正月の新たな定番になるかもしれない。
(文=木村隆志/テレビ・ドラマ解説者、コラムニスト)

●木村隆志(きむら・たかし)
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者、タレントインタビュアー。雑誌やウェブに月20~25本のコラムを提供するほか、『新・週刊フジテレビ批評』(フジテレビ系)、『TBSレビュー』(TBS系)などに出演。取材歴2000人超のタレント専門インタビュアーでもある。1日のテレビ視聴は20時間(同時視聴含む)を超え、ドラマも毎クール全作品を視聴。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』(TAC出版)など。

情報提供はこちら
『話しかけなくていい! 会話術』 「話がうまい人」になる必要はない。無言でも、ひと言でも、人に好かれるための画期的コミュニケーション術! amazon_associate_logo.jpg
『嵐の愛され力~幸せな人生をつかむ36のポイント~』 嵐に学ぶ人から好かれる、人を好きになれる人間力の磨き方。明日から使える36個の“○○力”。年齢・性別を問わずマスターできる。 amazon_associate_logo.jpg

『下町ロケット』“最終回詐欺”批判を恐れない自信と矜持…勧善懲悪とは異なる世界観のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

RANKING

23:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合