NEW

手越祐也、ジャニーズ契約解除の可能性も…NEWS存亡の危機、未成年飲酒疑惑が連発で

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ジャニーズ事務所(2012年撮影時の外観/「Wikipedia」より/Eurotuber)

「週刊文春デジタル」は1日、ジャニーズグループNEWSの手越祐也が昨年9月に違法飲酒、同11月に未成年と飲酒していたと報じた。NEWSメンバーでは、昨年の6月に小山慶一郎と加藤シゲアキが未成年飲酒を「週刊文春」(文藝春秋)に報じられ、小山はキャスターを務めていた『news every.』(日本テレビ系)を降板。手越も同月、同誌で未成年との飲酒パーティーが報じられていた。

「『文春デジタル』は手越との飲み会に出席した証言者を確保し、飲み会の具体的な日時と場所、さらには音声データまで完全に押さえています。一方の手越は、ジャニーズ事務所による内々の聞き取り調査に対して、飲み会をした事実は認めているものの、相手女性の年齢までは確認しなかったと話しているようです。

 以上から、ジャニーズは完全否定は無理と判断し、飲み会をした事実は認めつつも、相手が未成年であったことは“知らなかった”という説明で押し切り、あとは世論の反応次第で出方を探ろうという方向に傾きつつあるようです。ただ、小山も同じく未成年との飲酒で番組を降板しており、『未成年だとは知りませんでした』という説明で許されるかどうか、ジャニーズも自信は持っていないのではないでしょうか」(テレビ局関係者)

 手越といえば、昨年6月に未成年との飲酒が報じられた直後に放送予定だった『2018 FIFAワールドカップ(W杯) ロシア大会』の日本対セネガル戦の中継(日本テレビ系)でメインキャスター(MC)に抜擢されており、降板も噂されるなかで出演したことに批判が集まった。

「報道時点ですでに手越がMCを務める前提でパブを大々的に展開してしまっており、さらにジャニーズも疑惑を否定しているということで、スポンサーの手前もあり日テレは疑惑を “スルー”して手越の出演を強行しました。もちろんジャニーズとの関係を重視したという面はあるものの、日テレとしては手越を本気でスポーツキャスターとして育てていきたいという意向を持っているためです。手越は“チャラいキャラ”とは対照的に、いつも仕事に対しては真面目で、与えられた仕事はそつなくこなし、常に求められるレベル以上のパフォーマンスを発揮してくれるということで、現場の評価は結構高い。そのため、日テレが力を入れる今年のラグビーW杯関連番組でも、手越をMCかスペシャルサポーターで起用する方針でしたが、さすがに今回の件で“なし”になるかもしれません。

 また、日テレ番組では『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)にレギュラー出演中ですが、『イッテQ』はヤラセ疑惑で批判を浴びた直後ということもあり、違法行為を犯した疑惑のあるタレントを使い続けるというのは難しく、手越の降板は避けられないという見方も出ています」(別のテレビ局関係者)

NEWSとしての活動にも黄色信号


 そんな手越のみならず、NEWSとしてのグループの活動を危ぶむ声も聞かれる。

手越祐也、ジャニーズ契約解除の可能性も…NEWS存亡の危機、未成年飲酒疑惑が連発でのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、NEWSジャニーズ事務所手越祐也の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事