NEW
篠崎靖男「世界を渡り歩いた指揮者の目」

すしざんまい、3億円かけてもマグロ落札の“本当の理由”

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 かつて働いていたという彼に質問してみると、「これはおいしくないよ」との答えです。この界隈はシティで働く富裕層がビジネスの接待に使う場所で、特に日本食はセレブにとって「ヘルシーで盛り付けが美しい」ということでとても人気があります。しかし、1本2~3万円のボトルも珍しくないフランスやイタリアの高級ワインに比べて、最高級の日本酒でもそれほど高くありません。そうすると、クライアントの手前、格好がつかないということで、お客は「もっと高い日本酒を出してほしい」とお店に注文をするのです。そのため、お店は日本のメーカーに依頼して特別につくらせているとのことでした。

 それにもかかわらず、残念ながら、ハーブ入りの日本酒はひどい代物でした。欧米人にしてみると、日本酒も日本食もよく知っているわけではないので、値段で判断するしかないのでしょう。接待の場で、「これは1匹3億円のマグロを使った寿司だよ」とクライアントを驚かして、ビジネスに結び付けたいビジネスパーソンはいくらでもいます。銀座おのでらもお客に最高のマグロを提供することが第一の目的であるとは思いますが、それ以外にも高いマグロを求める“理由”があるのかもしれません。

演奏会は高級社交場

 音楽家である僕が、なぜこんな話をしたのかというと、欧米では演奏会自体が“高級社交場”になっている側面があるからです。「日本に来る海外のオーケストラやオペラ劇場は高すぎる。向こうに行けば3000円くらいで聴けるよ」と言う方もいますが、実際には、本場でもすべての座席が安いわけではありません。世界最高峰のニューヨークのメトロポリタン歌劇場を例にとると、通常でも、最高額は450ドル(約4万9000円)程度になります。結果的に、そのような席に座っているのは、やはりセレブばかりですし、そんな特権意識を共有しながら人脈を広げていくのが欧米流なのです。これは、欧米発祥のロータリークラブや、ライオンズクラブなどを見ていても同じではないでしょうか。

 しかし、海外のオーケストラやオペラの来日公演と違うのは、現地では学生や年金暮らしの音楽好きの方々が気軽に座れる、とても安い席も提供されていることです。それが現地の強みであり、文化の分厚さともいえます。そして、“我が町のオーケストラ”として、まるで地元の野球チームを応援するかのように、特別な気持ちを持って演奏会に行くのが彼らにとって最高の贅沢なのです。

 文化の土壌は違えど、日本のオーケストラやオペラも、今や欧米と肩を並べるレベルです。皆さんも、“自分たちの”オーケストラやオペラ団体を探してみてください。
(文=篠崎靖男/指揮者)

●篠﨑靖男
 桐朋学園大学卒業。1993年アントニオ・ペドロッティ国際指揮者コンクールで最高位を受賞。その後ウィーン国立音楽大学で研鑽を積み、2000年シベリウス国際指揮者コンクール第2位受賞。
 2001年より2004年までロサンゼルス・フィルの副指揮者を務めた後、英ロンドンに本拠を移してヨーロッパを中心に活躍。ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団、BBCフィルハーモニック、ボーンマス交響楽団、フランクフルト放送交響楽団、フィンランド放送交響楽団、スウェーデン放送交響楽団など、各国の主要オーケストラを指揮。
 2007年にフィンランド・キュミ・シンフォニエッタの芸術監督・首席指揮者に就任。7年半にわたり意欲的な活動でオーケストラの目覚ましい発展に尽力し、2014年7月に勇退。
 国内でも主要なオーケストラに登場。なかでも2014年9月よりミュージック・アドバイザー、2015年9月から常任指揮者を務めた静岡交響楽団では、2018年3月に退任するまで正統的なスタイルとダイナミックな指揮で観客を魅了、「新しい静響」の発展に大きな足跡を残した。
 現在は、日本はもちろん、世界中で活躍している。ジャパン・アーツ所属
オフィシャル・ホームページ

すしざんまい、3億円かけてもマグロ落札の“本当の理由”のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
BJ おすすめ記事