NEW
山崎俊輔「発想の逆転でお金に強くなる『お金のトリセツ』」

株価下落の今「すぐ売るべき人」「売ってはいけない人」…確実に儲けられる積立投資

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Gettyimages」より

顔面蒼白になるほどの下げ相場?

 少し前、2018年の10月くらいまでは「バブル後最高値更新」と騒がれたように、株価が好調なイメージがありました。実際、投資初心者でも多くの人が利益を出していたのではないでしょうか。「オレ、才能あるんじゃね?」と勢いづいていた人もいるでしょう。

 ところが冬の寒さが厳しくなり始めた年末にかけて、一気に株価が下がり始めています。この原稿は大納会(2018年12月28日の最終取引日)直後に書いていますが、日経平均株価はなんとか2万円に回復して終えたものの、ピーク時(2万4448円)からすれば20%くらい一気に下がったことになります。

「世界経済の減速懸念」と報じるニュースもありますし、各国が金融緩和政策を終わらせようとしており、「クスリ」が切れた症状と述べる人もいます。2019年のマーケットについても下落を予想する人が増え始めているようです。

 しかし、これくらいの下げなら、はっきり言って「かわいいモノ」です。あなたがもし、12月25日の思わぬクリスマスプレゼント(1日で1000円くらい下がった)に仰天し、証券会社のアプリにログインして顔面蒼白となっていたのであれば、それは投資経験の浅さを物語っています。

 10年ほど前にやってきたリーマンショックは、こんなものではなかったからです。2008年8月の終値で日経平均株価は1万3072円でしたが、9月末で1万1260円、10月末で8576円と下がりました。最安値では10月の途中に6995円まで記録しています。

 割合にしてみると46%くらい下がっているわけですから、下がり具合が強烈であったことがわかります。ちなみに日経平均株価が1万3000円台を取り戻したのは2013年4月末でしたが、なんと回復には4年半もかかったことになります。

 リーマンに比べれば小さい下げ相場であったのに、それでもあなたが急落に肝を冷やしたのであれば、運用のスタイルを見直しておく必要があります。今回はそのヒントを紹介してみたいと思います。おそらく、イケイケの相場のときには誰も教えてくれなかった投資のヒントになるかもしれません。

株価が急落したとき、まず「全体」を見よう

 株価が急落したとき、投資初心者にとってそれが初体験であるとパニックになります。しかしまずは、あなたの投資状況をしっかり整理、判断することからスタートです。

株価下落の今「すぐ売るべき人」「売ってはいけない人」…確実に儲けられる積立投資のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事