NEW

ZOZO前澤社長「1億円バラ撒き」100万円を手にしたのはこんな人! 批判はあれど良企画だった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

前澤友作氏公式Twitterより

 ZOZOTOWNの前澤友作社長が、新年早々Twitterで繰り広げた「総額1億円お年玉企画」。前澤氏のアカウントをフォローし、当該ツイートをリツイートするだけで、100名に100万円が当選するというもの。100万円の威力はすさまじく、リツイート数は550万以上に膨れ上がり世界新記録を樹立した。

 応募は7日の23時59分で締め切られ、前澤氏は8日の朝から順次、当選者へ個別DMを送っていたようだ。そして8日午後現在、複数の当選者がツイッターで喜びや感謝の言葉を投稿している。

 では、幸運を手にしたのはどんな人たちか。自己申告制ではあるが、続々と寄せられる当選報告を見てみよう。たとえば、「教科書のラップ化」を標榜する人気YouTuberのCo.慶応や、「広島に全額寄付したい」という学生、「アジアのおじいちゃんおばあちゃんの笑顔をつくる旅に出かけます!」という老人福祉事業の経営者、「日本の民藝を取材して、日英語で発信する旅」を目指す画家、「当選したら10代~20代限定で海外航空券をプレゼントしたい!」と表明する“旅のプロ”などなど……。

ZOZO前澤社長「1億円バラ撒き」100万円を手にしたのはこんな人! 批判はあれど良企画だったのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事